【三浦 史仁】トランスクリプトームとメチロームの統合1細胞解析

さきがけ研究者

三浦 史仁
三浦 史仁
九州大学
大学院医学研究院
講師

研究概要

本研究では1本鎖DNAに対して高効率にアダプター配列を導入する新しい技術(TACS Ligation)を開発します。この技術は、エピゲノムをはじめ、ゲノムやトランスクリプトームなどの核酸オーミクスデータの取得を高感度化します。まずはTACS Ligationを実用化し、これを1細胞からのメチロームデータ取得に応用します。最終目標は1細胞からトランスクリプトームとメチロームを同時に取得することです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望