【洲崎 悦生】組織3D染色による細胞の網羅的解析技術の開発

さきがけ研究者

洲崎 悦生

洲崎 悦生

東京大学
大学院医学系研究科
講師

研究概要

“新たに開発した全身全細胞を1細胞解像度で網羅的に解析する基盤技術””CUBIC””を用い、細胞階層をターゲットとしたomics戦略 “”Cellomics””の実現を目指します。本研究計画では、特に3次元組織への抗体・染色剤の浸透性上昇のための条件決定を進め、cmオーダーの臓器の染色と1細胞解像度の3次元イメージングによる網羅的細胞解析技術確立、更にはヒト病理・臨床検体への応用を目指します。”

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望