【今吉 格】三次元組織中における単一細胞レベルでの遺伝子発現動態操作法の開発と応用

さきがけ研究者

今吉 格

今吉 格

京都大学
大学院生命科学研究科
特定准教授

研究概要

本研究提案は、発生期胎児や成体脳など、三次元組織中の細胞の遺伝子発現動態の人工的操作を、単一細胞レベルで実現しようとする試みです。さらに遺伝子発現動態の人工操作系の利点を活かして、発生組織中の細胞間コミュニケーション、脳の概日リズム中枢の時計遺伝子ネットワークや、神経回路の可塑性発現についての根本的問題にアドレスできるような、次世代のsingle cell biology研究を展開することを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望