【千田 俊哉】ピロリ菌の感染と発がん機構の構造学的解明


研究代表者

千田 俊哉

千田 俊哉

高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所
教授
研究室ホームページ


研究概要

ヘリコバクター・ピロリは、胃粘膜上皮細胞に感染する細菌で、胃がんを始めとする胃疾患の最大のリスク因子です。このような胃疾患の原因は、ピロリ菌がCagAとよばれるタンパク質を胃粘膜上皮細胞に打ちこみ、細胞内の正常なシグナル伝達をかく乱するからと考えられています。本研究では、ピロリ菌病原因子であるCagAならびにCagAと複合体を形成するタンパク質の立体構造に基づき、 ピロリ菌感染が胃の病気を引き起こすメカニズムを明らかにすることを目的としています。


主たる共同研究者
畠山 昌則 東京大学 大学院医学研究科 教授
佐藤 主税 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 研究グループ長

千田 俊哉_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域