【上田 泰己】睡眠・覚醒リズムをモデルとした生体の一日の動的恒常性の解明


研究代表者

上田 泰己

上田 泰己

東京大学 大学院医学系研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

哺乳類の睡眠・覚醒には、一日における時間分布があります。私たちはその「平均(昼行性か夜行性か)」「分散(活動期の広がりの大きさ)」「総量(寝不足と寝だめのバランス)」が環境や履歴に応じて動的に決定される仕組みを明らかにし、そこから生体が一日の動的恒常性を保つ普遍的な性質に迫ります。研究においては個体レベルのシステム生物学的アプローチを開発し、細胞・組織レベルと個体レベルの振る舞いの関係性を包括的に調べます。


上田泰己_概要図