【岡部 繁男】ナノ形態解析によるシナプス動態制御システムの解明


研究代表者

岡部 繁男

岡部 繁男

東京大学 大学院医学系研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

脳で記憶が維持されるには回路の構成要素であるシナプスを長期的に安定化させる必要があります。しかしシナプスの構成蛋白質は局所で常に置き換わっており、シナプスが動的でありながら一方で安定に存在出来る理由は不明です。本研究ではシナプスのナノスケールでの形態解析、一分子動態の計測、個体レベルでの安定性についてのデータを結びつけた定量的なモデルを開発し、微細形態と分子動態の特徴から安定性がどのように生み出されるのかを明らかにします。


主たる共同研究者
楠見 明弘 沖縄科学技術大学院大学 教授
井上 康博 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 准教授

2_okabe

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望