【飯山 将晃】サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発

研究代表者

飯山 将晃

飯山 将晃

京都大学
学術情報メディアセンター
准教授

研究室ホームページ

研究概要

資源保護と経済性とを両立させたサステイナブル漁業に向け、漁業活動において取得される海洋気象や水産に関する多様なビッグデータを人工知能技術によって分析して、漁業者や自治体などに提供する技術を開発します。具体的には、ビッグデータから、高精度な海の天気予報を行う技術、良い漁場を見つけ出す技術を開発し、そこで得られた情報を利用者に提供するサステイナブル漁業に向けたイノベーションを創発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望