【古澤 明】極限コヒーレント光通信のための量子力学的操作と超伝導光子数識別器および光集積システム化法の研究


研究代表者

古澤 明

古澤 明

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

従来のように光の振幅のみに情報を載せるのではなく、光の位相にも情報を載せる次世代の光通信としてコヒーレント光通信が期待されている。コヒーレント光通信では、従来法に比べ通信容量を上げることができ、原理的には古典物理学的限界の通信容量(シャノン限界)を実現できる。本研究ではさらに進んだ究極的な光通信として、コヒーレント光通信の受信機において量子力学的操作を施すことにより、シャノン限界を破った極限コヒーレント光通信の実現を目指し、そのための量子力学的操作の探求を行い、その光集積システム化技術を開発する。また、極限コヒーレント光通信実現のために必須の光子数識別器の開発を行う。そして、これらの技術を統合し、極限コヒーレント通信の心臓部であるコヒーレント状態からシュレーディンガーの猫状態への変換(「量子ノイズイート光アンプ」)の原理検証実験を行う。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望