【永井 健治】超解像「生理機能」イメージング法の開発と細胞状態解析への応用


研究代表者

永井 健治

永井 健治

大阪大学
産業科学研究所
教授

研究室ホームページ


研究概要

細胞内では、ナノメートルスケールの多数の微小構造が反応場として介在し、イオン流、熱発生、酵素反応、シグナル伝達反応など様々な生理機能に関わる現象が惹起します。しかし、従来の超解像顕微鏡技術はこのような細胞内の生理機能を可視化できませんでした。本研究は、生きた細胞における生理機能の時空間動態を超解像観察可能な光学顕微鏡技術を開発し、それによって得られる大量の高次元画像データから細胞状態に関する情報を効率よく抽出する手法を創出します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望