【富永 淳二】カルコゲン化合物・超格子のトポロジカル相転移を利用した二次元マルチフェロイック機能デバイスの創製


研究代表者

富永 淳二

富永 淳二

国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門

首席研究員


研究概要

本研究では、カルコゲン化合物やその人工超格子がもつトポロジカル絶縁体とよばれる新しい量子物理現象を室温で発現させることにより外部磁場ではなく電場により電子のスピンを制御し電気と磁気の両方の物性が制御できる日本発の革新的な機能デバイスの創製を目指します。中でも、ゲルマニウム・テルル/アンチモン・テルル積層薄膜(超格子)等がもつ新しい量子物理現象を応用して、超省電力型の新機能デバイスの開発を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望