【二階堂 愛】臓器・組織内未知細胞の命運・機能の1細胞オミクス同時計測


研究代表者

二階堂 愛

理化学研究所
情報基盤センター
ユニットリーダー

研究室ホームページ


研究概要

臓器・組織は、そこに含まれる幹細胞の増殖や死、分化により、細胞が置き換わり、機能が維持されます。しかし、臓器によっては、幹細胞の発見や機能解析が進んでいません。そこで、臓器・組織の細胞へ1細胞ずつ異なる目印をつけて、その命運を追跡しつつ、同時に細胞機能を計測する技術を開発します。これにより様々な臓器から未知幹細胞を同定し、その機能を知ることで、健康な臓器を誰もが維持できる社会を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望