【澤田 和明】非標識神経伝達物質イメージセンサによる細胞活動可視化システム構築と脳機能の時空間解析


研究代表者

澤田 和明

澤田 和明

豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系

教授
研究室ホームページ


研究概要

本研究では、蛍光ラベルなどを用いず神経伝達物質等を高解像度かつ高速に読み取ることができるイメージセンサを作製します。1細胞ごとの局所的な複数種類の神経伝達物質の挙動を非標識で可視化することが可能であり、かつ細胞集団の活動を時間的・空間的な情報を保ったまま動画像として計測できる神経組織イメージセンシングシステムの構築を行います。特に脳機能発現の階層性に着目し、脳回路機能を解明する測定法の確立を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望