【大石 進一】モデリングのための精度保証付き数値計算論の展開


研究代表者

大石 進一

大石 進一

早稲田大学 理工学術院

教授


研究概要

本研究の目的は、計算機による計算の信頼性を保証する精度保証付き数値計算や離散可積分系の数学理論に基づく計算機援用解析手法によって、数理的なモデリングの信頼性や現象との整合性について検討できるような理論を構築し、モデリングに役立つ精度保証付き数値計算学を確立し発展させることです。モデリングに役立つ計算機援用解析という新たな分野を創出し、モデリングの信頼性を飛躍的に向上させることを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望