平成24年度実施分

研究領域「マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、世界最先端レベルの超高速・大容量計算機環境と精緻なモデル化・統合化によって、複数の現象が相互に影響しあうようなマルチスケール・マルチフィジックス現象の高精度且つ高分解能の解を求めることを研究の対象とする。
 具体的には、地球環境変動、異常気象、およびそれに起因する災害予測、人工物の安全性・健全性の評価、複雑な工業製品の設計・試作、ナノレベルの材料挙動、生体内たんぱく質構造と生体内薬物動態など、支配因子が未知あるいは不確定性を含む現象やスケールが極度に異なる現象等のモデル化の研究、そのようなモデルの統合数値解析手法の研究、モデルや入力データの妥当性・結果の信頼性の評価方法の研究などが含まれる。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題
平成19年度採択研究課題
(1)青木 百合子 (九州大学大学院総合理工学研究院 教授)
大規模系への超高精度O(N)演算法とナノ・バイオ材料設計(160KB)
(2)今田 正俊 (東京大学大学院工学系研究科 教授)
高精度多体多階層物質シミュレーション(141KB)
(4)北尾 彰朗 (東京大学分子細胞生物学研究所 准教授)
バイオ分子間相互作用形態の階層的モデリング(144KB)
(5)中辻 博 (特定非営利活動法人量子化学研究協会 理事長・研究所長)
超精密予測と巨大分子設計を実現する革新的量子化学と計算科学基盤技術の構築(781KB)
(5)吉村 忍 (東京大学大学院工学系研究科 教授)
原子力発電プラントの地震耐力予測シミュレーション(192KB)
2-3.事後評価会の実施時期

 平成24年9月22日(土)

2-4.評価者

研究総括

矢川 元基
東洋大学計算力学研究センター 教授

領域アドバイザー

戎崎 俊一
(独)理化学研究所計算宇宙物理研究室 室長
遠藤 守信
信州大学工学部電気電子工学科 教授
岡本 祐幸
名古屋大学大学院理学研究科 教授
佐藤 哲也
兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科 研究科長・教授
萩原 一郎
明治大学先端数理科学インスティテュート 副所長・教授
久田 俊明
東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
平田 文男
立命館大学生命科学部 教授
藤谷 徳之助
一般財団法人日本気象協会 顧問
渡辺 貞
(独)理化学研究所計算科学研究機構 統括役
外部評価者
該当者なし

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望