研究開発における試行錯誤を減らすプロセス革命を実現し
イノベーション創出を加速します

ヒトに関わる機器の研究開発・評価・教育・訓練では、感覚的表現が多用され、試行錯誤も多いため、革新的技術シーズが社会に届くまでに時間がかかります。本プログラムではセンサーを内蔵した精巧な偽物を使って感覚的な表現を定量的に理解し、試行錯誤をなくすことで、技術シーズを早く社会に届けることを提案しています。
まずは医療から挑戦し、ヒトや実験動物の代わりとなるセンサー付精巧人体モデル「バイオニックヒューマノイド」を開発します。これを活用することで、技術シーズであるロボット技術を用いたスマートアームを開発し、小さな穴から精密な手術を行うという医療革命を具現化します。成果を他の産業に展開することで新産業革命を起こします。

詳しくは研究概要へ

お知らせ

一 覧
2017.11.1
第26回日本コンピュータ外科学会学術研究成果展示・ミニシンポジウム・受賞のご報告
2017.10.17
日経新聞 記事掲載 「患者ロボ使い介護・医療磨く~高齢者や赤ちゃん再現」
2017.10.16
第71回日本臨床眼科学会 眼科モデルシミュレータBionic-EyE展示のご報告
2017.9.15
日本機械学会誌に座談会記事および総説が掲載されました

Page
Top