研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs15
安岡 宏和(京都大学 アフリカ地域研究資料センター 准教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 国立農業開発研究所(IRAD)
採択年度 平成29年度(2017年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 カメルーン共和国
研究課題の概要  本研究は、カメルーン東南部の熱帯雨林において、住民生活と両立する生物多様性保全および森林保全を推進するために、在来知と科学知を統合した森林資源マネジメントモデルの開発を目的とする。まず、カメラトラップによる動物生息密度の推定方法を確立し、森林資源に関する住民の在来知を統合することで、科学的根拠を持ち、かつ住民自身が運用できる野生動物のモニタリング方法を考案する。並行して、野生動物モニタリングに基づく狩猟管理と、住民の収入向上につながる森林資源の商品化を組み込んだ、森林資源マネジメントを提案し、その運用主体となる住民組織を育成する。こうして開発したマネジメントモデルをプロジェクト地域にて試験的に適用し、その検証をふまえて適用マニュアルを策定した後、カメルーンの森林保全政策へ反映させる。将来的には、コンゴ盆地における生物多様性保全の優先地区でのモデル拡大を目指す。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る