研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs7
  • SDGs17
前田 泰昭(大阪府立大学 人間社会システム科学研究科 客員研究員) researchmap
国内共同研究機関 愛媛大学、大阪市立大学、国際農林水産業研究センター
相手国研究機関 ベトナム国家大学ハノイ校(VNU-Hanoi) 他
採択年度 平成23年度(2011年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ベトナム社会主義共和国
研究課題の概要

1.荒廃地再生 2.大気汚染防止 3.雇用創出 + 4.温暖化対策!
 ベトナムでは、焼き畑などで荒廃し、また枯れ葉剤で汚染された900万ヘクタールもの土地や、急速な経済発展に伴う都市部の大気汚染、山間部の貧困が深刻な問題となっている。そこで、荒廃地に石油代替エネルギーの原料となる油を生産する樹木を植え、クリーンな燃料を製造して都市部で活用することで、荒廃地再生/大気汚染防止/地域雇用創出の3課題の解決を目指すだけでなく、さらには地球温暖化対策にも有効な、バイオマスエネルギーの生産・利用システムをつくる。

あらゆる油から高品質の燃料生産 副産物の利用も
 ジャトロファ油やナマズ油、ゴムの実油などあらゆる原料から、新開発の共溶媒法で高品質のバイオディーゼル燃料(BDF)を製造し、軽油と混ぜなくてもクルマや船の燃料に使えるものがすでに完成。経済性を追求し、油糧種子中のビタミンEやほかの薬成分も利用するとともに、副産物のグリセリンを利用することで、BDFを石油系軽油と価格競争できる値段で利用できるようにする方法も模索する。

研究実施風景
ハロン湾炭鉱のボタ山荒廃地での南洋アブラギリの栽培

ハロン湾炭鉱のボタ山荒廃地での南洋アブラギリの栽培

VNUハノイのBDF製造パイロットプラント

VNUハノイのBDF製造パイロットプラント

ハロン湾の客船8隻に40tのBDF を燃料として提供

ハロン湾の客船8隻に40tのBDF を燃料として提供

ベトナム国家大学内にバイオマスセンターが開所Key Labとして認定された。

ベトナム国家大学内にバイオマスセンターが開所Key Labとして認定された。

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成23年度(567KB)
PDF平成24年度(1,800KB)
PDF平成25年度(3,831KB)
PDF平成26年度(2,299KB)
PDF平成27年度(4,231KB)
PDF終了報告書(5,146KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JSTトピックス(2013/8/29)
JSTトピックス(2013/12/4)
Vietnam National Universityホームページ
大阪府立大学ウェブサイト

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る