研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者(所属機関) 中島 一雄(国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域 プロジェクトリーダー)
国内共同研究機関 東京大学、理化学研究所
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間 5年間
相手国 ブラジル連邦共和国
相手国研究機関 農牧研究公社ダイズ研究センター(Embrapa Soybean)
研究課題の概要

ダイズ生産の障害となっている干ばつの克服に向けて
 ブラジルにおいて重要な輸出用作物であるダイズは、近年干ばつによって大きな被害を受けている。干ばつに強い品種の開発に向けて、モデル植物を用いた研究成果を応用したり、ゲノム解析技術を用いてダイズの遺伝子を網羅的に探索し、乾燥ストレス耐性に関わる遺伝子群の特定とそれを制御する仕組みを解明する。さらに、得られた成果を利用して新しいダイズを開発し、実験圃場で栽培して評価し、干ばつに強い系統を選抜する。

乾燥耐性遺伝子を同定し、干ばつに強いダイズの分子育種に応用
 モデル植物(シロイヌナズナ)の乾燥耐性に関わる遺伝子と同様の機能をもつダイズの遺伝子の特定を進めた。また、ストレス下のダイズ遺伝子の発現を網羅的に解析している。今後は耐性遺伝子とその発現を調節するDNA領域(プロモーター)との最適な組み合わせを明らかにしてダイズに導入する。

研究実施風景
詳細計画策定調査団員と  Embrapa Soybeanの研究者

ブラジルにおける干ばつ被害の状況

Embrapa Soybeanにおける圃場試験

遺伝子組換え技術を利用した乾燥ストレス耐性に強いダイズの開発戦略。温室、圃場での耐性試験を進める。

詳細計画策定調査団員と  Embrapa Soybeanの研究者

詳細計画策定調査団員と
Embrapa Soybeanの研究者

Embrapa Soybeanにおける圃場試験

Embrapa Soybeanにおける圃場試験

研究プロジェクトHP
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(151KB)
PDF平成22年度(491KB)
PDF平成23年度(1,117KB)
PDF平成24年度(1,400KB)
PDF平成25年度(1,145KB)
PDF終了報告書(2,779KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る

平成28年度SATREPS研究提案公募
遺伝資源の利用

お問い合わせ先

国立研究開発法人 科学技術振興機構
国際科学技術部
SATREPSグループ
電話:03-5214-8085
E-mail

〒102-0076 東京都千代田区五番町7
東京本部別館(K’s五番町)8F
アクセスマップ