メンバー Member

  • 佐藤宗太の写真

    • 佐藤宗太 Sota SATO
    • 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 特任准教授

    プロフィール

    2000年3月
    東京大学理学部卒業
    2002年3月
    東京大学大学院理学系研究科修士課程修了
    (2004年9月〜11月)
    (J. M. Stryker lab., University of Alberta, Edmonton, Canada 留学)
    2005年3月
    東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(博士(理学))
    2005年4月
    東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻・助手
    2007年4月
    東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻・助教
    2010年7月
    東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻・講師
    2012年7月〜2017年3月
    理化学研究所・客員研究員(併任)
    2013年6月〜2017年1月
    東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR)・磯部研究室・准教授
    2013年10月〜現在
    ERATO 磯部縮退π集積プロジェクト グループリーダー(併任)
    2017年2月〜現在
    東京大学大学院理学系研究科化学専攻・特任准教授
    2004年6月
    東京大学COE(化学・材料系)合同シンポジウム ポスター発表優秀賞受賞
    2009年6月〜7月
    Chemistry Innovation UT GCOE Lectureship受賞、カナダにて講演旅行
    2009年12月
    有機合成化学協会 三井化学研究企画賞 受賞
    2014年9月19日
    平成26年度錯体化学会 研究奨励賞 受賞
    2015年4月15日
    平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 受賞

    論文リスト

    • "Fluctuating Carbonaceous Networks with a Persistent Molecular Shape: A Saddle-Shaped Geodesic Framework of 1,3,5-Trisubstituted Benzene (Phenine)"
      K. Ikemoto, J. Lin, R. Kobayashi, S. Sato, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, online published.
    • "Ratchet-Free Solid-State Inertial Rotation of a Guest Ball in a Tight Tubular Host"
      Y. Matsuno,Y. Nakai, S. Sato, Y. Maniwa, and H. Isobe
      Nature Commun. 2018, 9, 1907.
    • "Magneto-Electroluminescence Effects in the Single-Layer Organic Light-Emitting Devices with Macrocyclic Aromatic Hydrocarbons"
      S.-T. Pham, K. Ikemoto, K. Z. Suzuki, T. Izumi, H. Taka, H. Kita, S. Sato, H. Isobe, and S. Mizukami
      APL Mater. 2018, 6, 026103.
    • "Synthesis of 9,10-Diarylanthracenes via Mg(TMP)2·2LiCl-Mediated Benzyne Generation/[4+2] Cycloaddition and Deoxygenation of 9,10-Epoxyanthracene Intermediates"
      N. Miyamoto, Y. Nakazawa, T. Nakamura, K. Okano, S. Sato, Z. Sun, H. Isobe, and H. Tokuyama
      Synlett 2017, 29, 513-518.
    • "Chiral Intertwined Spirals and Magnetic Transition Dipole Moments Dictated by Cylinder Helicity"
      S. Sato, A. Yoshii, S. Takahashi, S. Furumi, M. Takeuchi, and H. Isobe
      Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2017, 114, 13097-13101.
    • "Enhanced yet Inverted Effects of π-Extension in Self-Assembly of Curved π-Systems with Helicity"
      T. Matsuno, K. Kogashi, S. Sato, and H. Isobe
      Org. Lett. 2017, 19, 6456-6459.
    • "Assembly, Thermodynamics and Structures of a Two-Wheeled Composite of a Dumbbell-Shaped Molecule and Cylindrical Molecules with Different Edges"
      T. Matsuno, S. Kamata, S. Sato, A. Yokoyama, P. Sarkar, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 15020-15024.
    • "Pentagon-Embedded Cycloarylene Molecules with Cylindrical Shapes"
      S. Hitosugi, S. Sato, T. Matsuno, T. Koretsune, R. Arita, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 9106-9110.
    • "[n]Cyclo-3,6-Phenanthrenylenes: Synthesis, Structure and Fluorescence"
      Y. Tian, K. Ikemoto, S. Sato, and H. Isobe
      Chem. Asian J. 2017, 12, 2093-2097.
    • "Entropy-Driven Ball-in-Bowl Assembly of Fullerene and Geodesic Phenylene Bowl"
      K. Ikemoto, R. Kobayashi, S. Sato, and H. Isobe
      Org. Lett. 2017, 19, 2362-2365.
    • "Synthesis and Bowl-in-Bowl Assembly of a Geodesic Phenylene Bowl"
      K. Ikemoto, R. Kobayashi, S. Sato, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 6511-6514.
    • "Room Temperature Magnetoresistance in an Organic Spin Valve with an Aromatic Hydrocarbon Macrocycle"
      K. Z. Suzuki, T. Izumi, X. Zhang, A. Sugihara, S.-T. Pham, H. Taka, S. Sato, H. Isobe, and S. Mizukami
      APL Mater. 2017, 5, 046101.
    • "An Isolable Potassium Salt of a Borasilene–Chloride Adduct"
      Y. Suzuki, S. Ishida, S. Sato, H. Isobe, and T. Iwamoto
      Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 4593-4597.
    • "Efficient Blue Electroluminescence from a Single-Layer Organic Device Composed Solely of Hydrocarbons"
      T. Izumi, Y. Tian, K. Ikemoto, A. Yoshii, T. Koretsune, R. Arita, H. Kita, H. Taka, S. Sato, and H. Isobe
      Chem. Asian J. 2017, 12, 730-733.
    • "Structural Modulation of Macrocyclic Materials for Charge Carrier Transport Layers in Organic Light-Emitting Devices"
      A. Yoshii, K. Ikemoto, T. Izumi, H. Kita, H. Taka, T. Koretsune, R. Arita, S. Sato, and H. Isobe
      ECS J. Solid State Sci. Technol. 2017, 6, M3065-M3067.
    • "Crystal Structure of 7,15-Bis­(4-tert-butylphenyl)-1,9-dimethylheptazethrene"
      S. Kamata, S. Sato, J. Wu, and H. Isobe
      Acta Cryst. E 2017, E73, 99-102.
    • "An Obtuse-Angled Corner Unit for Fluctuating Carbon Nanohoops"
      Z. Sun, N. Miyamoto, S. Sato, H. Tokuyama, and H. Isobe
      Chem. Asian J. 2017, 12, 271-275.
    • "Total Synthesis of (-)-Histrionicotoxin through a Stereoselective Radical Translocation-Cyclization Reaction"
      M. Sato, H. Azuma, A. Daigaku, S. Sato, K. Takasu, K. Okano, and H. Tokuyama
      Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 56, 1087-1091.
    • "Self-Sorting of Two Hydrocarbon Receptors with One Carbonaceous Ligand"
      T. Matsuno, S. Sato, A. Yokoyama, S. Kamata, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 15339-15343.
    • "Stereoisomerism in Nanohoops with Heterogeneous Biaryl Linkages of E/Z- and R/S-Geometries"
      P. Sarkar, Z. Sun, T. Tokuhira, M. Kotani, S. Sato, and H. Isobe
      ACS Cent. Sci. 2016, 2, 740-747.
    • "Stereodivergent Synthesis and Configurational Assignment of the C1–C15 Segment of Amphirionin-5"
      M. Kanto, S. Sato, N. Tsuda, and M. Sasaki
      J. Org. Chem. 2016, 81, 9105-9121.
    • "Stereoisomerism, Crystal Structures, and Dynamics of Belt-shaped Cyclonaphthylenes"
      Z. Sun, T. Suenaga, P. Sarkar, S. Sato, M. Kotani, and H. Isobe
      Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2016, 113, 8109-8114.
    • "Carbon-rich Active Materials with Macrocyclic Nanochannels for High-Capacity Negative Electrodes in All-Solid-State Lithium Rechargeable Battery"
      S. Sato, A. Unemoto, T. Ikeda, S. Orimo, and H. Isobe
      Small 2016, 12, 3381-3387.
    • "Synthesis and Structures of π-Extended [n]Cyclo-para-phenylenes (n = 12, 16, 20) Containing n/2 Nitrogen Atoms"
      K. Ikemoto, M. Fujita, P. C. Too, Y. L. Tnay, S. Sato, S. Chiba, and H. Isobe
      Chem. Lett. 2016, 45, 658-660.
    • "Introduction of Nitrogen Atoms in [n]Cyclo-meta-phenylenes via Cross Coupling Macrocyclization"
      J. Y. Xue, K. Ikemoto, S. Sato, and H. Isobe
      Chem. Lett. 2016, 45, 676-678.
    • "One-pot Synthesis of [n]Cyclo-1,3-pyrenylenes via Ni-mediated Macrocyclization"
      K. Ikemoto, S. Sato, and H. Isobe
      Chem. Lett. 2016, 45, 217-219.
    • "Modular Synthesis of Aromatic Hydrocarbon Macrocycles for Simplified, Single-Layer Organic Light-Emitting Devices"
      K. Ikemoto, A. Yoshii, T. Izumi, H. Taka, H. Kita, J. Y. Xue, R. Kobayashi, S. Sato, and H. Isobe
      J. Org. Chem. 2016, 81, 662-666.
    • "Aromatic Hydrocarbon Macrocycles for Highly Efficient Organic Light-emitting Devices with Single-layer Architectures"
      J. Y. Xue, T. Izumi, A. Yoshii, K. Ikemoto, T. Koretsune, R. Akashi, R. Arita, H. Taka, H. Kita, S. Sato, and H. Isobe
      Chem. Sci. 2016, 7, 896-904.
    • "Synthesis and Dynamic Structures of a Hybrid Nanohoop Molecule Composed of Anthanthrenylene and Phenylene Panels"
      P. Sarkar, S. Sato, S. Kamata, T. Matsuno, and H. Isobe
      Chem. Lett. 2015, 44, 1581-1583.
    • "Belt-shaped Cyclonaphthylenes"
      Z. Sun, P. Sarkar, T. Suenaga, S. Sato, and H. Isobe
      Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 12800-12804.
    • "Modulation of Energy Conversion Processes in Carbonaceous Molecular Bearings"
      S. Hitosugi, K. Ohkubo, Y. Kawashima, T. Matsuno, S. Kamata, K. Nakamura, H. Kono, S. Sato, S. Fukuzumi, and H. Isobe
      Chem. Asian J. 2015, 10, 2404-2410.
    • "Theoretical Studies on a Carbonaceous Molecular Bearing: Association Thermodynamics and Dual-mode Rolling Dynamics"
      H. Isobe, K. Nakamura, S. Hitosugi, S. Sato, H. Tokoyama, H. Yamakado, K. Ohno, and H. Kono
      Chem. Sci. 2015, 6, 2746-2753.
    • "Molecular Recognition in Curved π-Systems: Effects of π-Lengthening of Tubular Molecules on Structures and
      Thermodynamics"
      T. Matsuno, S. Sato, R. Iizuka, and H. Isobe
      Chem. Sci. 2015, 6, 909-916.
    • "Cyclo-meta-phenylenes Revisited: Nickel-mediated Synthesis, Molecular Structures and Device Applications"
      J. Y. Xue, K. Ikemoto, N. Takahashi, T. Izumi, H. Taka, H. Kita, S. Sato, and H. Isobe
      J. Org. Chem. 2014, 79, 9735-9739.
    • "Photoinduced Electron Transfer in a Dynamic Supramolecular System with Curved π-Structures"
      S. Hitosugi, K. Ohkubo, R. Iizuka, Y. Kawashima, K. Nakamura, S. Sato, H. Kono, S. Fukuzumi, and H. Isobe
      Org. Lett. 2014, 16, 3352-3355.
    • "Solid-state Structures of Peapod Bearings Composed of Finite Single-wall Carbon Nanotube and Fullerene Molecules"
      S. Sato, T. Yamasaki, and H. Isobe
      Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2014, 111, 8374-8379.
    • "Geometric Measures of Finite Carbon Nanotube Molecules: A Proposal for Length Index and Filling Indexes"
      T. Matsuno, H. Naito, S. Hitosugi, S. Sato, M. Kotani, and H. Isobe
      Pure Appl. Chem. 2014, 86, 489-495.

    藤田研究室関連の論文リスト

    • "Elucidating the Solvent Effect on the Switch of the Helicity of Poly(quinoxaline-2,3-diyl)s: A Conformational Analysis by Small-Angle Neutron Scattering"
      Y. Nagata, T. Nishikawa, M. Suginome, S. Sato, M. Sugiyama, L. Porcar, A. Martel, R. Inoue, and N. Sato
      J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 2722–2726.
    • "Synthetic Approach to Biomolecular Science by Cyborg Supramolecular Chemistry"
      K. Kurihara, M. Matsuo, T. Yamaguchi, and S. Sato
      Biochim. Biophys. Acta - General Subjects 2017, 1862, 358-364.
    • "Self-Assembly of Giant Spherical Liquid-Crystalline Complexes and Formation of Nanostructured Dynamic Gels Exhibiting Self-Healing Properties"
      J. Uchida, M. Yoshio, S. Sato, H. Yokoyama, M. Fujita, and T. Kato
      Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 14085–14089.
    • "Hyper-assembly of Self-assembled Glycoclusters Mediated by Specific Carbohydrate-carbohydrate Interactions"
      G. Yan, T. Yamaguchi, T. Suzuki, S. Yanaka, S. Sato, M. Fujita, and K. Kato
      Chem. Asian J. 2017, 12, 968-972.
    • "Self-assembly of Tetravalent Goldberg Polyhedra from 144 Small Components"
      D. Fujita, Y. Ueda, S. Sato, N. Mizuno, T. Kumasaka, and M. Fujita
      Nature 2016, 540, 563-566.
    • "Self-Assembly of M30L60 Icosidodecahedron"
      D. Fujita, Y. Ueda, S. Sato, H. Yokoyama, N. Mizuno, T. Kumasaka, and M. Fujita
      Chem 2016, 1, 91-101.
      (Cover Picture)
    • "Synthesis and Oxidation Catalysis of a Ti-Substituted Phosphotungstate, and Identification of the Active Oxygen Species"
      E. Takahashi, K. Kamata, Y. Kikukawa, S. Sato, K. Suzuki, K. Yamaguchi, and N. Mizuno
      Catal. Sci. Technol. 2015, 5, 4778-4789.
    • "Bridging Adhesion of a Protein onto an Inorganic Surface Using Self-Assembled Dual Functionalized Spheres"
      S. Sato, M. Ikemi, T. Kikuchi, S. Matsumura, K. Shiba, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 12890-12896.
      (Cover Picture,
    • "Finely Resolved Threshold for the Sharp M12L24/M24L48 Structural Switch in Multi-Component MnL2n Polyhedral Assemblies: X-ray, MS, NMR, and Ultracentrifugation Analyses"
      H. Yokoyama, Y. Ueda, D. Fujita, S. Sato, and M. Fujita
      Chem. Asian J. 2015, 10, 2292-2295.
    • "DOSY NMR, X-ray Structural and Ion-Mobility Mass Spectrometric Studies on Electron-Deficient and Electron-Rich M6L4 Coordination Cages"
      P. Bonakdarzadeh, F. Topić, E. Kalenius, S. Bhowmik, S. Sato, M. Groessl, R. Knochenmuss, and K. Rissanen
      Inorg. Chem. 2015, 54, 6055-6061.
    • "Self-Assembled Spherical Complex Displaying a Gangliosidic Glycan Cluster Capable of Interacting with Amyloidogenic Proteins"
      S. Sato, Y. Yoshimasa, D. Fujita, M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 8435-8439.
    • "Novel Titanium Complexes with a Reversible Structure Change on Solvent Adsorption and Desorption"
      M. Kobayashi, T. Okuhara, H. Kato, S. Sato, and M. Kakihana
      Chem. Lett. 2015, 44, 1050-1052.
    • "Self-Assembled, π-Stacked Complex as a Finely-Tunable Magnetic Aligner for Biomolecular NMR Applications"
      S. Sato, R. Takeuchi, M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, Y. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      Chem. Commun. 2015, 51, 2540-2543.
    • "Geometrically Restricted Intermediates in the Self-Assembly of an M12L24 Cuboctahedral Complex"
      D. Fujita, H. Yokoyama, Y. Ueda, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 155-158.
    • "An M12(L1)12(L2)12 Cantellated Tetrahedron: A Case Study for Mixed-Ligand Self-Assembly"
      Q.-F. Sun, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 13510-13513.
    • "Emergent Ion-Gated Binding of Cationic Host–Guest Complexes within Cationic M12L24 Molecular Flasks"
      C. J. Bruns, D. Fujita, M. Hoshino, S. Sato, J. F. Stoddart, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2014, 136, 12027-12034.
    • "Stepwise DNA Condensation by a Histone-mimic Peptide-coated M12L24 Spherical Complex"
      T. Kikuchi, S. Sato, D. Fujita, and M. Fujita
      Chem. Sci. 2014, 5, 3257-3260.
    • "Coordination-Directed Self-Assembly of M12L24 Nanocage: Effects of Kinetic Trapping on the Assembly Process"
      M. Yoneya, S. Tsuzuki, T. Yamaguchi, S. Sato, and M. Fujita
      ACS Nano 2014, 8, 1290-1296.
    • "M12L24 Spheres with Endo and Exo Coordination Sites: Scaffolds for Non-Covalent Functionalization"
      K. Harris, Q.-F. Sun, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 12497-12499.
    • "Size-, Mass-, and Density-Controlled Preparation of TiO2 Nanoparticles in a Spherical Coordination Template"
      T. Ichijo, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 6786-6789.
    • "Noncovalent Tailoring of the Binding Pocket of Self-Assembled Cages by Remote Bulky Ancillary Groups"
      Y. Fang, T. Murase, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 613-615.
    • "Protein Encapsulation within Synthetic Molecular Hosts"
      D. Fujita, K. Suzuki, S. Sato, M. Yagi-Utsumi, Y. Yamaguchi, N. Mizuno, T. Kumasaka, M. Takata, M. Noda, S. Uchiyama, K. Kato, and M. Fujita
      Nature Commun. 2012, 3, 1093.
    • "Simulation of Metal–Ligand Self-Assembly into Spherical Complex M6L8"
      M. Yoneya, T. Yamaguchi, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 14401-14407.
    • "Incarceration of (PdO)n and Pdn Clusters by Cage-Templated Synthesis of Hollow Silica Nanoparticles"
      K. Takao, K. Suzuki, T. Ichijo, S. Sato, H. Asakura, K. Teramura, K. Kato, T. Ohba, T. Morita, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 5893-5896.
    • "An M18L24 Stellated Cuboctahedron through Post-stellation of an M12L24 Core"
      Q.-F. Sun, S. Sato, and M. Fujita
      Nature Chem. 2012, 4, 330-333.
    • "Self-Assembly of M24L48 Polyhedra Based on Empirical Prediction"
      J. Bunzen, J. Iwasa, P. Bonakdarzadeh, E. Numata, K. Rissanen, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 3161-3163.
    • "Synthesis of a Bridging Ligand with a Non-Denatured Protein Pendant: Toward Protein Encapsulation in a Coordination Cage"
      D. Fujita, K. Suzuki, S. Sato, M. Yagi-Utsumi, E. Kurimoto, Y. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      Chem. Lett. 2012, 41, 313-315.
    • "A Sphere-in-Sphere Complex by Orthogonal Self-Assembly"
      Q.-F. Sun, T. Murase, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 10318-10321.
    • "Self-assembly of Pt(II) Spherical Complexes via Temporary Labilization of the Metal-Ligand Association in 2,2,2-Trifluoroethanol"
      D. Fujita, A. Takahashi, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 13317-13319.
    • "Self-assembled Inverse Dendrimer"
      Q.-F. Sun, S. Sato, and M. Fujita
      Chem. Lett. 2011, 40, 726-727.
    • "Viral-Capsid-Type Vesicle-Like Structures Assembled from M12L24 Metal–Organic Hybrid Nanocages"
      D. Li, W. Zhou, K. Landskron, S. Sato, C. J. Kiely, M. Fujita, and T. Liu
      Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 5182-5187.
    • "The Precise Synthesis and Growth of Core–Shell Nanoparticles within a Self-Assembled Spherical Template"
      K. Suzuki, K. Takao, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 4858-4861.
    • "Well-Defined DNA Nanoparticles Templated by Self-Assembled M12L24 Molecular Spheres and Binding of Complementary Oligonucleotides"
      T. Kikuchi, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 15930-15932.
    • "Oligo(4-aminopiperidine-4-carboxylic acid): An Unusual Basic Oligopeptide with an Acid-Induced Helical Conformation"
      J.-i. Cho, M. Tanaka, S. Sato, K. Kinbara, and T. Aida
      J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 13176-13178.
    • "Peptide-coated, Self-assembled M12L24 Coordination Spheres and Their Immobilization onto an Inorganic Surface"
      M. Ikemi, T. Kikuchi, S. Matsumura, K. Shiba, S. Sato, and M. Fujita
      Chem. Sci. 2010, 1, 68-71.
    • "Self-Assembled M24L48 Polyhedra and Their Sharp Structural Switch upon Subtle Ligand Variation"
      Q.-F. Sun, J. Iwasa, D. Ogawa, Y. Ishido, S. Sato, T. Ozeki, Y. Sei, K. Yamaguchi, and M. Fujita
      Science 2010, 328, 1144-1147.
    • "Parallel-Stacked Aromatic Hosts for Orienting Small Molecules in a Magnetic Field: Induced Residual Dipolar Coupling by Encapsulation"
      S. Sato, O. Morohara, D. Fujita, Y. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 3670-3671.
    • "Coronene Nanophase within Coordination Spheres: Increased Solubility of C60"
      K. Suzuki, K. Takao, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 2544-2545.
    • "Template Synthesis of Precisely Monodisperse Silica Nanoparticles within Self-assembled Organometallic Spheres"
      K. Suzuki, S. Sato, and M. Fujita
      Nature Chem. 2010, 2, 25-29.
    • "Remarkable Stabilization of M12L24 Spherical Frameworks through the Cooperation of 48 Pd(II)-Pyridine Interactions"
      S. Sato, Y. Ishido, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 6064-6065.
    • "Minimal Nucleotide Duplex Formation in Water through Enclathration in Self-Assembled Hosts"
      T. Sawada, M. Yoshizawa, S. Sato, and M. Fujita
      Nature Chem. 2009, 1, 53-56.
    • "Discrete and Well-Defined Hydrophobic Phases Confined in Self-Assembled Spherical Complexes"
      K. Suzuki, J. Iida, S. Sato, M. Kawano, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 5780-5782.
    • "Polymerisation of an Anionic Monomer in a Self-Assembled M12L24 Coordination Sphere with Cationic Interior"
      T. Kikuchi, T. Murase, S. Sato, and M. Fujita
      Supramol. Chem. 2008, 20, 81-94.
    • "Switching the Interior Hydrophobicity of a Self-Assembled Spherical Complex through the Photoisomerization of Confined Azobenzene Chromophores"
      T. Murase, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2007, 46, 5133-5136.
    • "Endohedral Peptide Lining of a Self-Assembled Molecular Sphere to Generate Chirality-Confined Hollows"
      K. Suzuki, M. Kawano, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 10652-10653.
    • "Saccharide-Coated M12L24 Molecular Spheres that Form Aggregates by Multi-Interaction with Proteins"
      N. Kamiya, M. Tominaga, S. Sato, and M. Fujita
      J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 3816-3817.
    • "Nanometer-Sized Shelled Molecules that Confine Endohedral Polymerizing Units"
      T. Murase, S. Sato, and M. Fujita
      Angew. Chem. Int. Ed. 2007, 46, 1083-1085.
    • "Fluorous Nanodroplets Structurally Confined in an Organopalladium Sphere"
      S. Sato, J. Iida, K. Suzuki, M. Kawano, T. Ozeki, and M. Fujita
      Science 2006, 313, 1273-1276.

    中村研究室関連の論文リスト

    • "Diels-Alder Reaction of Cyclopentadienone Acetal with Pyrrole and Indole"
      S. Sato, T. Fujino, H. Isobe, and E. Nakamura
      Bull. Chem. Soc. Jpn. 2006, 79, 1288-1292.
      (Selected Paper)
    • "Three-Component Synthesis of Polysubstituted Benzene Derivatives via Diels-Alder Reaction of
      Cyclopentadienone Acetal with Alkyne"
      S. Sato, H. Isobe, T. Tanaka, T. Ushijima, and E. Nakamura
      Tetrahedron 2005, 61, 11449-11455.
    • "Supramolecular Modulation of Action of Polyamine on Enzyme/DNA Interactions"
      H. Isobe, S. Sato, J. Wook, L. Hee-Joon, K. Kim, and E. Nakamura
      Chem. Commun. 2005, 1549-1551.
    • "Thermal and Palladium-Catalyzed [3 + 2] Synthesis of Cyclopentadienone Acetals from Cyclopropenone Acetals and Acetylenes"
      H. Isobe, S. Sato, T. Tanaka, H. Tokuyama, and E. Nakamura
      Org. Lett. 2004, 6, 3569-3571.
    • "Synthesis of Disubstituted Cucurbit[6]uril and its Rotaxane Derivative"
      H. Isobe, S. Sato, and E. Nakamura
      Org. Lett. 2002, 4, 1287-1289.

    特許

    • 出願番号
      特願2015-99521(P2015-99521)
      公開番号
      特開2016-94383(P2016-94383A)
      優先権データ
      特願2014-228640(P2014-228640)
      発明者
      高秀雄 泉倫生 磯部寛之 佐藤宗太 池本晃喜 薛ジン
      発明の名称
      「環状芳香族化合物、有機エレクトロニクス素子用材料、有機エレクトロニクス素子、及び、電子機器」
      出願人
      コニカミノルタ株式会社
      出願日
      2015年5月14日
      公開日
      2016年5月26日
    • 出願番号
      特願2014-155333(P2014-155333)
      公開番号
      特開2016-32083(P2016-32083A)
      発明者
      佐藤宗太 磯部寛之 高秀雄 泉倫生
      発明の名称
      「有機エレクトロニクス素子用材料、有機エレクトロニクス素子及び有機エレクトロニクスデバイス」
      出願人
      コニカミノルタ株式会社
      出願日
      2014年7月30日
      公開日
      2016年3月7日
    • 出願番号
      特願2012-51403(P2012-51403)
      公開番号
      特開2013-184855(P2013-184855A)
      特許番号
      特許第5995199号
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 鈴木康介 高尾清貴 寺村謙太郎 朝倉博行 加藤和男
      発明の名称
      「遷移金属錯体内包シリカナノ粒子、遷移金属酸化物クラスター内包シリカナノ粒子、
      遷移金属クラスター内包シリカナノ粒子及びこれらの製造方法」
      出願人
      国立大学法人東京大学、公益財団法人高輝度光科学研究センター
      出願日
      2012年3月8日
      公開日
      2013年9月19日
      登録日
      2016年9月2日
    • 国際出願番号
      PCT/JP2010/054008
      出願番号
      特願2011-503842(P2011-503842)
      国際公開番号
      WO/2010/104113 A1
      優先権データ
      特願2009-058194
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 鈴木康介
      発明の名称
      「多面体状遷移金属錯体、超微粒子内包遷移金属錯体およびその製造方法」
      出願人
      独立行政法人科学技術振興機構
      国際出願日
      2010年3月10日
      国際公開日
      2010年9月16日
    • 出願番号
      特願2009-57080(P2009-57080)
      公開番号
      特開2010-210439(P2010-210439A)
      特許番号
      特許第5509418号
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 諸原理 加藤晃一 山口芳樹
      発明の名称
      「残余双極子相互作用の解析方法及び残余双極子相互作用解析用試薬」
      出願人
      国立大学法人東京大学、大学共同利用機関法人自然科学研究機構、独立行政法人理化学研究所
      出願日
      2009年3月10日
      公開日
      2010年9月24日
      登録日
      2014年4月4日
    • 出願番号
      特願2008-060320(P2008-60320)
      公開番号
      特開2009-215219(P2009-215219A)
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 飯田淳也 鈴木康介
      発明の名称
      「内部に油相を有する中空遷移金属錯体及びナノスケールの相分離方法」
      出願人
      パイオニア株式会社 藤田誠 佐藤宗太 飯田淳也 鈴木康介
      出願日
      2008年3月10日
      公開日
      2009年9月24日
    • 出願番号
      特願2007-056449(P2007-56449)
      公開番号
      特開2008-214295(P2008-214295A)
      特許番号
      特許第5087800号
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 村瀬隆史 飯田哲哉 田中覚
      発明の名称
      「球状遷移金属錯体及び球状遷移金属錯体内部の官能基の制御方法」
      出願人
      国立大学法人東京大学、パイオニア株式会社
      出願日
      2007年3月6日
      公開日
      2008年9月18日
      登録日
      2012年9月21日
    • 出願番号
      特願2007-056448(P2007-56448)
      公開番号
      特開2008-214294(P2008-214294A)
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 村瀬隆史 菊池貴 飯田哲哉 田中覚
      発明の名称
      「重合性球状遷移金属錯体及び重合性球状遷移金属錯体の製造方法」
      出願人
      国立大学法人東京大学、パイオニア株式会社
      出願日
      2007年3月6日
      公開日
      2008年9月18日
    • 出願番号
      特願2007-056447(P2007-56447)
      公開番号
      特開2008-214293(P2008-214293A)
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 村瀬隆史 飯田哲哉 田中覚
      発明の名称
      「球状遷移金属錯体の内部環境の制御方法及び球状遷移金属錯体」
      出願人
      国立大学法人東京大学、パイオニア株式会社
      出願日
      2007年3月6日
      公開日
      2008年9月18日
    • 出願番号
      特願2007-40808(P2007-40808)
      公開番号
      特開2008-201734(P2008-201734A)
      特許番号
      特許第5190915号
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 鈴木康介
      発明の名称
      「蛋白質内包球状遷移金属錯体及びその製造方法」
      出願人
      国立大学法人東京大学
      出願日
      2007年2月21日
      公開日
      2008年9月4日
      登録日
      2013年2月8日
    • 出願番号
      特願2006-64326(P2006-64326)
      公開番号
      特開2007-238519(P2007-238519A)
      特許番号
      特許第5025970号
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 鈴木康介 飯田淳也
      発明の名称
      「中空の殻内部に含フッ素アルキル基を有する中空遷移金属錯体、及びその製造方法」
      出願人
      独立行政法人科学技術振興機構
      出願日
      2006年3月9日
      公開日
      2007年9月20日
      登録日
      2012年6月29日
    • 国際出願番号
      PCT/JP2007/054313
      国際公開番号
      WO/2007/102501 A1
      出願番号
      特願2008-503867(P2008-503867)
      特許番号
      特許第5076077号
      優先権データ
      特願2006-064319 特願2006-349235
      発明者
      藤田誠 佐藤宗太 村瀬隆史 飯田哲哉 樋口隆信 田中覚
      発明の名称
      「重合性球状遷移金属錯体、球状遷移金属錯体、及びそれらの製造方法」
      出願人
      国立大学法人東京大学、パイオニア株式会社
      出願日
      2007年3月6日
      公開日
      2007年9月13日
      登録日
      2012年9月7日

    ご紹介いただいた研究ハイライト

    2018年2月21日
    「左巻き 右巻き 高分子のナゾ解明」の記事掲載(京都新聞)
    2018年2月16日
    「京大、方向変化の原理解明」の記事掲載(日刊工業新聞)
    2017年12月8日
    「炭化水素筒状分子特徴 キラリティが決定づけ」の記事掲載(科学新聞)
    2017年6月23日
    Angewandte Chemie International Edition誌Highlight欄
    2017年6月
    平成29年度版科学技術白書 第2部 第4章 コラム2-6 (p.250)
    2017年1月
    Spring-8 NEWS vol. 90, p. 5
    2016年12月21日
    Nature誌News & Views欄
    2016年11月28日
    AIMResearch
    2016年11月21日
    「炭素で微小軸受け」の記事掲載(日経産業新聞)
    2016年9月26日
    AIMResearch
    2016年9月11日
    「サイエンスView 現代化学にギリシャの智」の記事掲載(読売新聞)
    2016年8月
    現代化学,2016年8月号22-24頁,
    数学,化学と出会う(最終回)「柔らかさを数える」小谷元子
    2016年7月25日
    AIMResearch
    2016年7月15日
    「多面体の構造持つ新たな分子ナノサイズカプセル合成」の記事掲載(科学新聞)
    2016年7月7日
    「巨大な多面体分子」の記事掲載(日経産業新聞)
    2016年7月
    Chem誌Preview欄
    2016年6月28日
    KEK物構研トピックス
    2015年10月6日
    Journal of the American Chemical Society誌Spotlights欄
    2015年5月
    文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞の記事掲載
    2015年4月21日
    「分子の回転解明」の研究成果の記事掲載(日刊工業新聞)
    2015年4月10日
    KEK物構研トピックス
    2015年4月8日
    東北大学AIMRメディア・受賞情報
    2015年3月2日
    サイエンスポータルのニュース速報
    2014年9月12日
    平成26年度 錯体化学会研究奨励賞受賞の記事掲載(科学新聞)
    2014年9月4日
    東北大学AIMRメディア・受賞情報
    2014年5月27日
    KEK物構研トピックス
    2014年5月27日
    サイエンスポータルのニュース速報
    2014年5月
    Australian Synchrotron Research Highlights 2010-2012, 2014, p.48-49
    2013年2月1日
    RIKEN RESEARCH誌highlight of the month欄 
    2012年12月4日
    「たんぱく質の「かご」成功」の研究成果の記事掲載(毎日新聞,朝刊,科学欄)
    2012年11月25日
    「分子が勝手に結合、新材料に」の研究成果の記事掲載(日経新聞,日曜朝刊・ナゾ/かがく欄)
    2012年10月30日
    「タンパク質生け捕り 意図通りに操作可能に」の研究成果の記事掲載
    (東京大学新聞,東大最前線欄)
    2012年10月23日
    Nature Chemistry誌research highlights欄
    2012年10月5日
    「かごの中にタンパク質」の成果の記事掲載(北國新聞)
    2012年10月3日
    「東大など、たんぱく質1分子を人工カプセルで包む技術開発」の成果の記事掲載(日刊工業新聞)
    2012年10月3日
    「たんぱく質 丸ごと包む 東大カプセル技術、創薬に道」の成果の記事掲載(日経産業新聞)
    2012年10月3日
    「人工ナノカプセル たん白質を閉じ込め 東大など構造解析研究などに有効」の
    成果の記事掲載(化学工業日報)
    2012年10月3日
    「東京大学工学部・Todai Research
    2012年10月2日
    KEK 物質構造科学研究所・放射光科学研究施設Photon Factory
    2012年9月
    2012 at KEK Annual Report誌, vol. 1, p.36-37
    2012年8月

    "The Australian Synchrotron five years on"
    2012年3月12日
    「東大、星形多面体化合物の合成に成功-薬物送達への応用期待」の
    成果の記事掲載(日刊工業新聞)
    2011年9月
    2010 at KEK Annual Report誌, vol. 1, p.13,46-47
    2011年6月
    で紹介
    2010年9月
    高エネルギー加速器研究機構(KEK)ハイライト
    2010年8月15日
    現代化学誌(FLASH欄)、「自己組織化で形態形成を支配するものとは?」
    2010年6月11日
    Nature Chemistry誌Research Highlights欄
    2010年6月
    東京大学GCOEブログ
    2010年6月
    PROTEOPEDIA
    2010年5月28日
    Science誌Perspective欄
    2010年5月14日
    「72成分を人工的に自己組織化」の研究成果の記事掲載(科学新聞)
    2010年4月30日
    「金属イオン・有機化合物72個 混ぜると微細粒子に」の
    研究成果の記事掲載(日経産業新聞)
    2010年4月30日
    「東大、金属イオンでウイルスのたんぱく質構造を再現」の
    研究成果の記事掲載(日刊工業新聞)
    2010年1月
    Nature Chemistry誌News and Views欄
    2009年2月22日
    Nature Chemistry誌News and Views欄
    2009年2月23日
    「塩基対3対のDNA 世界初、東大が作製 複製仕組み解明に道」(日経産業新聞)
    2007年8月24日
    Nature Nanotechnology誌Research Highlights欄
    2006年11月23日
    「自己組織化分子」(日刊工業新聞)
    2006年11月19日
    「5ナノメートル!世界最小“生卵”型分子」(読売新聞)
    2006年10月
    JST News,「ナノ「生たまご」をデザイン自発的に組み上がる分子の創造」
    2006年9月
    Science誌Perspctive欄
    2006年9月4日
    Chemical & Engineering News誌
    "Fluorous Phase in a Cage"
    2006年9月1日
    「世界最小カプセル」(朝日新聞)
    2006年9月1日
    「1000000分の5ミリカプセル」(産経新聞)
    2006年9月1日
    「直径5ナノの「実験容器」」(日本経済新聞)
    2006年9月1日
    「5ナノメートル径カプセルにフッ素分子」(日刊工業新聞)
    2006年9月1日
    「「卵」のようなナノカプセル」(フジサンケイビジネスアイ)
    2006年9月1日
    「自己組織化で「生卵分子」」(化学工業日報)
    2006年9月1日
    「球状カプセルに液体とじ込める 直径5ナノ世界最小」
    (日経産業新聞)

    総説,書籍,プレスリリース等

    • 2018年5月15日プレスリリース:"(ほぼ)摩擦なし:分子の世界のベアリング"(Nature Commun. 2018, 9, 1907.)
      ,
    • 2018年2月15日プレスリリース:"高分子のらせん構造を自在にあやつる -溶媒が支配する右巻き/左巻き構造形成の仕組みを解明-"(J. Am. Chem. Soc. 2018, 140, 2722-2726.)
    • 2017年11月28日プレスリリース:"キラル筒状分子の右手と左手 〜二重らせん型集積と有機分子での最強円偏光発光〜"(Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2017, 114, 13097-13101.)
      ,
    • "大環状芳香族分子のナノ細孔結晶を活用した全固体リチウムイオン電池の高容量電極材料"
      佐藤宗太 磯部寛之
      応用物理(研究紹介), 2017, vol. 86, No. 12, p. 1065-1068.
    • "フラーレンとジオデシックフェニレンボウルのエントロピー駆動によるボール-ボウル会合体"
      池本晃喜 小林 良 佐藤宗太 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2016 Part B, 2017, vol. 34, No. 58
    • "フェニレンを用いた測地的設計によるお椀状分子の合成とその集合状態"
      池本晃喜 小林 良 佐藤宗太 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2016 Part B, 2017, vol. 34, No. 57
    • "An Obtuse-angled Corner Unit for Fluctuating Carbon Nanohoops"
      Z. Sun, N. Miyamoto, S. Sato, H. Tokuyama, and H. Isobe
      2017, vol. 34, No. 17.
    • "100個以上の構成要素からなる自己集合錯体"
      藤田大士 上田善弘 佐藤宗太 水野伸宏 熊坂 崇 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2016 Part B, 2017, vol. 34, No. 16
    • "炭素性リガンドによる炭化水素レセプターの自己選別"
      松野太輔 佐藤宗太 横山温和 鎌田 翔 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2016 Part B, 2017, vol. 34, No. 15
    • "Stereoisomerism in Nanohoops with Heterogeneous Biaryl Linkages of E/Z- and R/S- Geometries"
      P. Sarkar, Z. Sun, T. Tokuhira, M. Kotani, S. Sato, and H. Isobe
      2017, vol. 34, No. 12.
    • "Curved π-Receptors"
      T. Matsuno, S. Sato, and H. Isobe
      Comprehensive Supramolecular Chemistry II, 2017, vol. 3, p. 311-328, Elsevier.
    • "芳香環で「笊」を編む −ナノメートルサイズのボウル分子のボトムアップ合成−"
      池本晃喜 佐藤宗太 磯部寛之
      化学, 2017, vol. 72, No. 7, p. 31-35.
      (Cover Picture)
    • "炭素と水素の構造化学:ありふれた元素・分子からつくる機能性材料"
      磯部寛之 佐藤宗太
      パリティ(クローズアップ), 2017, vol. 32, No. 3, p. 39-42.
    • "「防虫剤」からリチウムイオン2次電池負電極"
      磯部寛之 佐藤宗太
      パリティ(特集:物理科学,この1年), 2017, vol. 32, No. 1, p. 35-36.
    • "Stereoisomerism, Crystal Structures and Dynamics of Belt-shaped Cyclonaphthylenes"
      Z. Sun, T. Suenaga, P. Sarkar, S. Sato, M. Kotani, and H. Isobe
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 193
    • "M30L60十二・二十面体型の球状錯体の自己組織化合成"
      藤田大士 上田善弘 佐藤宗太 横山裕之 水野伸宏 熊坂 崇 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 168
    • "n/2個の窒素が含まれたπ伸長[n]シクロパラフェニレン(n = 12, 16, 20)の合成と構造"
      池本晃喜 藤田昌暉 P. C. Too Y. L. Tnay 佐藤宗太 千葉俊介 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 53
    • "Belt-Shaped Cyclonaphthylenes"
      Z. Sun, P. Sarkar, T. Suenaga, S. Sato, and H. Isobe
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 9
    • "有機配位子の精密設計による微小角度の差を使ったMnL2n自己組織化錯体の構造切り替え"
      佐藤宗太 横山裕之 上田善弘 藤田大士 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 7
    • "チタン置換ホスホタングステートの合成と酸化反応触媒の活性酸素種の同定"
      高橋恵理 鎌田慶吾 菊川雄司 佐藤宗太 鈴木康介 山口和也 水野哲孝
      KEK Photon Factory Activity Report 2015 Part B, 2016, vol. 33, No. 6
    • 2016年12月22日プレスリリース:"分子の自己集合現象の解明に迫る物質群の存在を発見 ~4価のゴールドバーグ多面体構造の合成に成功~"(Nature 2016, 540, 563-566.)
      , , , , ,
    • 2016年11月17日プレスリリース:"二輪型分子ベアリングの自発的・自己選別組み上げ"(Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 15339-15343.)
      , , ,
    • 2016年7月8日プレスリリース:"幾何学の定理を活用したものづくり -30の頂点を持つアルキメデスの多面体(二十・十二面体)の化学分子合成-"(Chem 2016, 1, 91-101.)
      ,
    • 2016年6月28日プレスリリース:"化学と数学でひもとくベルト状分子の構造 〜カーボンナノチューブとベルト状分子の接点は?〜"(Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2016, 113, 8109-8114.)
      , , ,
    • 2016年5月13日プレスリリース:"「タンスの中」から「電池の中」へ 〜大環状有機分子から全固体リチウムイオン電池の大容量負電極が誕生〜"(Small 2016, 12, 3381-3387.)
      , , ,
    • "サイボーグ超分子により解き明かされる生命現象〜生体分子クラスターを人工巨大分子に移植した一義構造の巨大分子"
      佐藤宗太
      , 2016年3月
    • "電子不足および電子豊富なM6L4かご状配位錯体の単結晶 X 線結晶構造解析"
      佐藤宗太
      KEK Photon Factory Activity Report 2014 Part B, 2015, vol. 32, No. 68
    • "湾曲π電子系における分子認識: π伸長した分子ピーポッドにおける分子構造と熱力学"
      松野太輔 佐藤宗太 飯塚亮介 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2014 Part B, 2015, vol. 32, No. 67
    • "時間展開する動的な秩序化における中間体構造の解明: 幾何学的に制御された構造の発見"
      佐藤宗太 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2014 Part B, 2015, vol. 32, No. 6
    • "異なる配位子を混合した自己組織化による対称性の低い球状錯体の合成"
      佐藤宗太 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2014 Part B, 2015, vol. 32, No.5
    • "カチオン性 M12L24 球状錯体の内部におけるカチオン性ホスト-ゲスト相互作用の発現"
      佐藤宗太 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2014 Part B, 2015, vol. 32, No. 4
    • 2015年11月5日プレスリリース:"近未来の照明のかたち:「さっと一吹き、できあがり」"(Chem. Sci. 2016, 896-904.)
      , , , , ,
    • "生命現象の解明に挑むサイボーグ超分子 ー機能を維持したまま生体分子クラスターを人工分子に移植ー"
      佐藤宗太,加藤晃一,藤田誠
      化学, 2015, vol. 70, No. 11, p. 31-36.
      (Cover Picture)
    • "巨大な中空球状錯体を骨格として構築した生体分子インターフェースの開発"
      佐藤宗太
    • 2015年5月28日プレスリリース:"サイボーグ超分子がときあかす病原物質の起源"(Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 8435-8439.)
      , ,
    • "長期利用課題報告 放射光X線を用いた多成分からなる自己集合性錯体の単結晶構造解析"
      藤田大士 佐藤宗太 藤田 誠
      , 2015, vol. 20, p. 130-133 (最近の研究から)
    • 2015年3月2日プレスリリース:"「ナノサイズのコマ」も「歳差運動」と「自転運動」の二種で回る
      -理論が解き明かすカーボンナノチューブ分子ベアリングの回り方-"(Chem. Sci. 2015, 6, 2746-2753.)
      ,
    • "カーボンナノチューブの筒内平滑曲面:炭素性分子ベアリングの構造化学"
      佐藤宗太 磯部寛之
      (最近の研究から欄),2014,56巻,405-410頁
    • "「さやえんどう」型分子の中で自由回転するフラーレン"
      佐藤宗太 磯部寛之
      KEK Photon Factory Activity Report 2013 Part B, 2014, vol. 31, No.246
    • "錯体内外に配位サイトを有する球状錯体の合成"
      佐藤宗太 藤田 誠
      KEK Photon Factory Activity Report 2013 Part B, 2014, vol. 31, No. 100
    • 2014年5月27日プレスリリース:"「つるつる・くるくる」 カーボンナノチューブ分子内部の秘密 化学が解き明かす
      カーボンナノチューブの筒内平滑構造"(Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 2014, 111, 8374-8379.)
      , ,
    • 2014年1月22日プレスリリース:"有限長カーボンナノチューブ分子の幾何学指標
      ―カーボンナノチューブの長さと充填率を定量する"(Pure Appl. Chem. 2014, 86, 489-495.)
      ,
    • "Metal-organic Caged Assemblies"
      S. Sato and M. Fujita
      Coordination Chemistry in Protein Cages: Principles, Design, and Applications , 2013, Chap. 14, WILEY.
    • "MEMによるターゲット構造可視化法の開発:タンパク質を封じ込めた人工カプセルの合成と構造決定"
      水野伸宏 藤田大士 佐藤宗太 熊坂 崇 藤田 誠 高田昌樹
      (最近の研究から欄),2013,55巻,211-217頁
    • "Synthesis of Hollow Spherical Cages with Polyhedral Structures and Application to the Encapsulation of a Whole Protein in the Cage"
      佐藤宗太 藤田 誠
      , 2013, 54-55頁 (Scientific Frontiers)
    • "Trapping a Whole Protein in a Well-Defined Molecular Capsule"
      佐藤宗太 藤田誠
      , 2013, vol. 30, p. 52-53 (Highlights)
    • "タンパク質を丸ごと包み込んだ自己組織化錯体の合成"
      佐藤宗太 藤田 誠
      , 2013, vol. 30, No. 10
    • 2012年10月3日プレスリリース:"人工カプセルでたんぱく質の生け捕りに成功"
      Nature Commun. 2012, 3, 1093.)
      , , @
    • "Single Crystal Structure Determination Using Synchrotron X-Ray of Molecular Spheres Synthesized by Temporary Labilization of the Metal-ligand Association"
      佐藤宗太 藤田 誠
      2012,88-89頁 (Scientific Frontiers)
    • "二重構造の球状錯体の合成"
      佐藤宗太 孫 慶福 村瀬隆史 藤田 誠
      , 2012, vol. 29, No.18
    • "白金(II)イオンと配位子の自己組織化による球状錯体の合成"
      佐藤宗太 藤田大士 高橋麻奈 藤田 誠
      , 2012, vol. 29, No. 19
    • "経験予測に基づくM24L48球状錯体の合成"
      佐藤宗太 Jens Bunzen 岩佐淳司 Pia Bonakdarzadeh 沼田恵里 Kari Rissanen 藤田 誠
    • "星型化した立方八面体型の錯体の合成"
      佐藤宗太 孫 慶福 藤田 誠
    • "Self-Assembly of Coordination Cages and Spheres"
      S. Sato, T. Murase, and M. Fujita
      , 2012, vol. 5, p. 2071-2084, WILEY.
    • 2012年3月12日プレスリリース:"半正多面体から星形多面体をかたちづくる 
      -ひとりでに組み上がり形状変換できる立体分子-"
      Nature Chem. 2012, 4, 330-333.)

    • 佐藤宗太 諸原 理 藤田大士 山口芳樹 加藤晃一 藤田 誠
       ナノ・ネット事業を利用した成果事例 平成22年度
      中部地区ナノテクノロジー総合支援(分子・物質合成)
    • "Self-Assembly Behavior in Artificial 36- and 72- Component Systems"
      孫 慶福 岩佐淳司 佐藤宗太 尾関智二 清 悦久 山口健太郎 藤田 誠
      , 2010, vol. 27, p. 30-31 (Highlights)
    • "Template Synthesis of Precisely Monodisperse Silica Nanoparticles within Self-Assembled Coordination Spheres"
      K. Suzuki, S. Sato, and M. Fujita
      , 2010, vol. 27, p. 6
    • "磁場配向性ホスト錯体により誘起されたゲスト分子のNMR磁場配向"
      佐藤宗太
    • "「完全な」ナノシリカ粒子 – 均一な形状と大きさの精密制御 –"
      藤田 誠 佐藤宗太
      セラミックス,2010,45巻,124頁
    • 2010年4月30日プレスリリース:" 72成分からひとりでに組み上がる精密な球状物質
      - ウイルス殻生成のしくみを実験的に検証 -"
      Science 2010, 328, 1144-1147.)
    • "Discrete and Well-Defined Hydrophobic Phases Confined in Self-Assembled Spherical Complexes"
      K. Suzuki, J. Iida, S. Sato, M. Kawano, and M. Fujita
      , 2009, vol. 26, p. 26
    • 2009年11月23日プレスリリース:"均一構造のナノシリカ粒子カプセル状分子の中で達成:
      画期的なナノ粒子合成法を開発"
      Nature Chem. 2010, 2, 25-29.)
    • 2009年2月23日プレスリリース:"水中ナノメートルサイズの人工かご状分子内で安定化された、
      わずか1つの塩基対から成る最小のRNA二重鎖
      (自己組織化ナノ空間内での、最小のヌクレオチド二重鎖の形成)"
      Nature Chem. 2009, 1, 53-56.)
    • "単一構造を持つ細孔を使った水素吸蔵体の開発"
      佐藤宗太
      2008,66巻,806-807頁
    • "Endohedral Peptide Coating of a Self-Assembled Spherical Complex to Generate Chirality-Confined Hollows"
      K. Suzuki, M. Kawano, S. Sato, and M. Fujita
      , 2008, vol. 25, p. 20
    • "Fluorous Nanodroplets Encapsulated within an Organopalladium Sphere"
      佐藤宗太 飯田淳也 鈴木康介 河野正規 尾関智二 藤田 誠
      , 2007, vol. 24, p. 9-10 (Highlights)
    • "Fluorous Nanodroplets Encapsulated in Well-Confined M12L24 Spherical Complexes"
      佐藤宗太 飯田淳也 鈴木康介 河野正規 尾関智二 藤田 誠
      , 2007, vol. 24, p. 31
    • 2006年9月1日プレスリリース:"自己組織化でナノサイズの「生卵分子」を開発"
      Science 2006, 313, 1273-1276.)
    • "自己組織化中空錯体"
      「化学フロンティア16: チャンピオンレコードをもつ金属錯体最前線 - 新しい機能性錯体の構築に向けて」
      佐藤宗太 藤田 誠
      2006,12-19頁,化学同人・丸善株式会社
    • "重ね合わせたペトリ皿の隙間でつくる金属樹"
      佐藤宗太 臼井豊和 守本昭彦 山口晋

    招待講演・依頼講演

    • "リチウムイオン電池の高容量負極材料:ナノチャンネルをもつ大環状芳香族分子の結晶"
      佐藤宗太
      電気化学会 電池技術委員会 第103回新電池構造部会,
      千里ライフサイエンスセンター(豊中市), 2018年4月24日.
    • "Chemistry of Cyborg Supramolecules: Approaches to Biomolecular Science Taking Advantage of Artificial Biomolecular Interfaces"
      S. Sato
      The Chemical Society of Japan, The 98th Annual Meeting,
      Nihon University (Funabashi City), Mar. 22, 2018.
    • "Development of Dynamical Ordering of Artificial Molecules by Mimicking Biomolecular Systems"
      S. Sato
      Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions The 6th International Symposium,
      Hamamatsu Act Tower (Shizuoka Prefecture), Jan. 21, 2018.
    • "分子をつくる=化学反応を体験しよう"
      佐藤宗太
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2017年11月8日(参加者数:51名)
    • "タンパク質を丸ごと閉じ込める巨大カプセル分子の化学"
      佐藤宗太
      SEST2017ミニシンポジウム「超分子化学の先端物質科学」,
      東京工業大学(東京都), 2017年11月4日
    • "動的秩序化により合成したサイボーグ超分子"
      佐藤宗太
      日本化学会 第97春季年会,
      慶應義塾大学(横浜市), 2017年3月16日
    • "Biomimetic Spherical Complexes Constructed by Dynamical Ordering"
      S. Sato
      Symposium on Chemistry and Materials 2017,
      Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University (Sendai), Mar. 7, 2017.
    • "これならわかる「NMRを用いた反応追跡2 実際の応用例」"
      佐藤宗太
      日本化学会第6回CSJ化学フェスタ2016,
      タワーホール船堀(東京都), 2016年11月14-16日
    • "最先端化学の力で光る分子を照明器具に 〜大学生の研究は基礎から製品応用まで見通して〜"
      佐藤宗太
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2016年11月9日(参加者数:25名)
    • "球状錯体の『中』の化学:世界最小のフルオラス溶媒からの展開"
      佐藤宗太
      フルオラス科学研究会第9回シンポジウム,
      名古屋大学(名古屋市), 2016年10月7日
    • "Carbon-rich Active Materials with Macrocyclic Nanochannels for High-capacity Negative Electrodes in All-solid-state Lithium Rechargeable Battery"
      佐藤宗太
      平成28年度化学系学協会東北大会,
      いわき明星大学(いわき市), 2016年9月10-11日
    • "Biological Functions Implanted in Artificial Supramolecules"
      佐藤宗太
      分子研研究会 日韓生体分子科学セミナー,
      岡崎統合バイオサイエンスセンター(岡崎市), 2016年2月15-17日
    • "巨大分子の精密合成 ~きちんと分子構造を押さえる~"
      佐藤宗太
      ブルカー・ダルトニクス MSサミット,
      TKPガーデンシティ横浜(横浜市), 2015年11月26日
    • "大学生から始まる最先端研究 ~基礎から応用まで見渡せるものづくりの化学~"
      佐藤宗太
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2015年11月18日(参加者数:50名、時間:80分)
    • "Hierarchically Self-Assembled Metal-Organic Complexes as Fusion Materials"
      佐藤宗太
      Fusion Materials Symposium 2015,
      東京大学(東京都), 2015年9月19日
    • "階層的な自己組織化により構築したπスタック錯体の磁場配向"
      佐藤宗太, 武内良介, 矢木真穂, 山口拓実, 山口芳樹, 加藤晃一, 藤田 誠
      第64回高分子討論会,
      東北大学(仙台市), 2015年9月17日
    • "大環状芳香族分子の合成とデバイスへの応用"
      佐藤宗太
      日本薬学会東北支部主催 第14回化学系若手研究者セミナー,
      東北大学薬学部(仙台市), 2015年9月5日
    • "磁場配向性錯体の自己組織化合成とNMR解析への展開"
      佐藤宗太
      分子研研究会「金属イオンをもちいた超構造体の構築と機能発現 –配位化学における境界領域研究の現状と展望–」,
      自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター(岡崎市), 2015年3月15日
    • "高速回転する分子ベアリング"
      佐藤宗太
      国際高等研研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能への揺らぎとダイナミックネットワークの解明」
      2014 年度第 1 回(通算第3回)研究会(京都), 国際高等研究所(木津川市), 2014年12月15日
    • "大学で理系の研究をまなび、就職すること、~最先端のものづくり研究をつうじて"
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2014年11月19日(参加者数:54名、時間:80分)
    • "巨大な中空球状錯体の自己組織化合成"
      佐藤宗太
      錯体化学若手の会北海道・東北支部第6回勉強会,
      東北大学(仙台市), 2014年11月15日
    • "巨大な中空球状錯体を骨格として構築した生体分子インターフェースの開発"
      佐藤宗太
      錯体化学会第64回討論会,
      中央大学(東京都), 2014年9月20日
    • "Synthesis and Biological Applications of Self-Assembled Huge Molecules"
      S. Sato
      Asian International Symposium (Inorganic Chemistry) – Emerging Science in Inorganic Porous Materials – ,
      Nagoya University (Nagoya City), Mar. 29, 2014.
    • "Development of Dynamical Ordering of Artificial Molecules by Mimicking Biomolecular Systems"
      S. Sato
      Dynamical Ordering of Biomolecular Systems for Creation of Integrated Functions The 2nd International Symposium,
      Campus Plaza Kyoto (Kyoto Prefecture), Jan. 11, 2014.
    • "理系の進路とは?〜最先端の化学研究から見えてくる〜"
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2013年11月20日(参加者数:51名、時間:100分)
    • "生体分子系を模倣した動的秩序をもつ人工分子の開発"
      佐藤宗太
      生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現 第1回公開シンポジウム,
      岡崎コンファレンスセンター(岡崎市), 2013年10月2日
    • "多成分からなる巨大球状錯体の動的秩序化"
      佐藤宗太
      国際高等研研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能ネットワークとダイナミクスの解明」 第2回研究会,
      国際高等研究所(木津川市), 2013年8月9日
    • "高度な最先端分析を武器にした精密分子合成の展開"
      佐藤宗太
      第2回JAIANミーティング,
      微生物化学研究所(東京都), 2013年5月31日
    • "タンパク質オーダーの分子サイズを持つ巨大カプセル状錯体
      ~精密な生体分子クラスターの機能をめざして~"
      佐藤宗太
      国際高等研研究プロジェクト「分子基盤に基づく生体機能ネットワークとダイナミクスの解明」
      第1回研究会, 国際高等研究所(木津川市), 2013年4月21日
    • "錯体ナノ空間の生体分子を使った自在修飾"
      佐藤宗太、藤田 誠
      日本化学会第93春季年会 特別企画「有限・無限ナノ空間から創出される物質と機能」,
      立命館大学(草津市), 2013年3月22日
    • "タンパク質と同等の分子サイズを持つ巨大カプセル状錯体の合成
      ~生体分子修飾による機能化をめざして~"
      佐藤宗太
      中性子連携研究会,
      京都大学東京オフィス(東京都), 2013年3月13日
    • "生体分子を化学修飾した巨大カプセル分子の合成と精密構造決定への挑戦"
      佐藤宗太
      理研シンポジウム「第13回 分析・解析技術と化学の最先端」,
      理化学研究所(和光市), 2012年12月12日
    • "あたらしいものづくりの方法 ~自己組織化を使った化学~"
      東京都立武蔵高等学校 出張模擬授業,
      2012年11月21日(参加者数:30名、時間:100分)
    • "磁場配向性を示す錯体分子の合成とNMR解析への応用"
      佐藤宗太
      京都大学大学院工学研究科セミナー,
      京都大学(京都府), 2012年11月1日
    • "階層的自己組織化による(PdO)n および Pdn クラスターの中空シリカナノ粒子内合成"
      佐藤宗太、藤田 誠
      第61回高分子討論会,
      名古屋工業大学(名古屋市), 2012年9月21日
    • "自己組織化構築した球状錯体を3次元のテンプレートとする無機合成反応"
      佐藤宗太
      大学連携研究設備ネットワーク 研究成果報告会
      第1回 有機構造体の自己集合とその多面的観測,
      東京大学(東京都), 2012年1月27日
    • "Synthesis of Inorganic Nanoparticle Using Self-Assembled Spheres as Template"
      S. Sato
      2012 Taiwan-Japan Symposium of Frontier Research on Design and Applications of Fine Chemicals,
      National Taipei University of Technology (Taipei, Taiwan), Jan. 6, 2012.
    • "「分子特異点」として官能基を3次元配置した自己組織化錯体"
      佐藤宗太、藤田 誠
      第60回高分子討論会,
      岡山大学(岡山市), 2011年9月30日
    • "Discrete, Magnetically Aligning Molecule for RDC Observation"
      S. Sato
      The XXXIII Finnish NMR Symposium,
      the Spa Hotel Rantasipi Laajavuori (Jyväskylä, Finland), Jun. 8, 2011.
    • "Magnetic Alignment of a Small Molecule Introduced by an Aligning Host"
      S. Sato
      Third International Symposium for Young Organic Chemists (3rd ISYOC),
      the Organic Nanomaterials Center (ONC) in National Institute for Materials Science (NIMS),
      (Tsukuba City), Mar. 3, 2011.
    • "磁場配向を示す多成分の自己組織化錯体"
      佐藤宗太、藤田 誠
      分子研研究会「金属錯体の機能化の現状と将来展望」,
      自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター(岡崎市), 2011年1月8日
    • "多成分からなる自己集合性錯体の化学と機能化"
      S. Sato
      名古屋大学グローバルCOEプログラム「分子性機能物質科学の国際教育研究拠点形成」
      第4回物質科学フロンティアセミナー
      「分子の集合が拓く科学の最前線:高分子、超分子のサイエンス」,
      名古屋大学(名古屋市), 2010年11月19日
    • "RDC Analysis of a Guest Accommodated in a Magnetic Aligning Host Complex"
      S. Sato, O. Morohara, D. Fujita, Y. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      第60回記念錯体化学OSAKA国際会議,
      大阪国際交流センター(大阪市), 2010年9月27日
    • "磁場配向性ホスト錯体により誘起されたゲスト分子のNMR磁場配向"
      佐藤宗太、諸原 理、藤田大士、山口芳樹、加藤晃一、藤田 誠
      平成21年度中部地区ナノテク総合支援成果報告会,
      名古屋工業大学(名古屋市), 2010年5月11日
    • "Reactions in a Hollow of Self-Assembled Nano Capsule"
      S. Sato and M. Fujita
      The 5th Sino-Japanese Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists,
      Wangjiang Hotel (Chengdu, China), Oct. 10, 2009.
    • "Synthesis of Magnetically Aligned Molecule via Self-Assembly"
      S. Sato, O. Morohara, D. Fujita, Y. Yamaguchi, E. Kurimoto, T. Yamaguchi, K. Kato, and M. Fujita
      The Chemical Society of Japan, The 89th Annual Meeting,
      Nihon University, (Funabashi City), Mar. 29, 2009.
    • "Construction of a Nano-Fluid Environment within a Self-Assembled Spherical Complex"
      S. Sato, M. Kawano, and M. Fujita
      Chemistry in Asia (ICCEOCA-1 Post-conference),
      Lakeshore Hotel, (Hsinchu ,Taiwan), Oct. 23, 2006.

    助成金への謝辞

    政府系競争資金の他に、下記の民間助成金に支えられ研究を行ってきています。感謝いたします。
    • ・財団法人 向科学技術振興財団 研究助成
    • ・財団法人 日揮・実吉奨学会 研究助成
    • ・社団法人 有機合成化学協会 三井化学研究企画賞 研究助成
    • ・財団法人 倉田記念日立科学技術財団 倉田奨励金