JSTトップ > 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP) > 量子情報処理技術領域 > 研究課題

光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)量子情報処理技術領域

研究課題

【Flagshipプロジェクト】 2件

研究開発課題名研究代表者所属機関役職
超伝導量子コンピュータの研究開発 中村 泰信 理化学研究所量子コンピュータ研究センター センター長
知的量子設計による量子ソフトウェア研究開発と応用 藤井 啓祐 大阪大学量子情報・量子生命研究センター 副センター長

【基礎基盤研究】 6件

研究開発課題名研究代表者所属機関役職
アト秒ナノメートル領域の時空間光制御に基づく冷却原子量子シミュレータの開発と量子計算への応用 大森 賢治 自然科学研究機構分子科学研究所 教授/研究主幹
冷却イオンによる多自由度複合量子シミュレータ 豊田 健二 大阪大学量子情報・量子生命研究センター 教授
アーキテクチャを中心とした量子ソフトウエアの理論と実践 根本 香絵 情報・システム研究機構国立情報学研究所 教授
量子コンピュータのための高速シミュレーション環境構築と量子ソフトウェア研究の展開 藤井 啓祐 大阪大学大学院基礎工学研究科 教授
シリコン量子ビットによる量子計算機向け大規模集積回路の実現 森 貴洋 産業技術総合研究所デバイス技術研究部門 主任研究員
量子ソフトウェア 山本 直樹 慶應義塾大学理工学部 教授

(研究代表者の五十音順に掲載)

概要説明資料一覧はこちら