" サイエンスアゴラ 対話・共創の活動 レポート

SCIENCE AGORA

■有識者による未来への提言

15人の人文・社会科学系有識者が語る現状と未来-2050年の日本へ、そのプロセスを問う

2022.06.17

世界的な人口増大や激甚化する自然災害などの諸問題、あるいはAIの活用やバーチャル空間の拡大といった科学技術の進展に伴う社会の変化など、私たちの未来は不確実さを増しています。
そうした現状を乗り越えた先にある「ありたい未来」を築くため、JST「科学と社会」推進部は報告書「15人の人文・社会科学系有識者が語る現状と未来-2050年の日本へ、そのプロセスを問う。」をまとめました。

未来を座して待つのではなく、私たちは何を目指し、何を培うべきなのか――人文・社会科学が持つ「知」と自然科学の「知」を融合させた「総合知」をヒントに、人文・社会科学のバックグラウンドを持つ有識者15名の提言から導き出しました。

対話・共創の活動一覧

page top