practices取り組み事例

  • Goal13
  • Goal2
  • Goal3
  • Goal6
  • Goal7
  • Goal11
  • Goal14

地球観測ビッグデータシステム(DIAS)の開発・利用

概要

[概要]
 文部科学省では、地球観測・予測情報等のビッグデータを蓄積・統合解析する情報基盤として、「データ統合・解析システム」DIAS(Data Integration and Analysis System)を開発し、民間セクターとも連携し、気候変動、防災、感染症等の地球規模課題の解決への利用を推進しています。

[実績]
 地球観測情報に基づく意志決定を推進する「地球観測に関する政府間会合(GEO)」の枠組みを通じ、地球観測情報を全世界に提供しています。また、チュニジアでは将来の気候変動の影響による洪水被害分析を実施し、円借款による洪水対策事業の形成に貢献するなど、根拠に基づく質の高いインフラ整備にも活用されています。

チュニジアにおける将来の降水解析例(出典:JICA報告書 http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12119954_01.pdf)

円借款調印式(出典:JICAニュースリリース https://www.jica.go.jp/press/2014/20140718_02.html)

『データ統合・解析システム(DIAS)』

お問い合わせ
文部科学省研究開発局環境エネルギー課 DIAS事務局(一般財団法人リモート・センシング技術センター)
e-mail : mail address
URL : http://www.diasjp.net/
機関

政府