practices取り組み事例

  • Goal11
  • Goal7

都市型オフィスゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実証棟

概要

 大成建設は、2014年6月に大成技術センターにZEB実証棟を建設しました。年間のエネルギー消費量を通常のオフィスビルに比べて75%削減し、残りの25%を太陽光発電で補うことを目指し計画しました。このZEB実証棟は、敷地が狭い都市部でも成立することを目指したため、創エネルギーは建物の屋根及び外壁で対応しています。
 これまでのモニタリングの結果、年間エネルギー消費量は463MJ/㎡で、同時に創エネルギー量は493MJ/㎡であり、建物単体での年間エネルギー収支0(ゼロ)を達成しています。
 ZEBの達成は国内都市部における単体建物として初であり世界的にも希少な先進事例です。

お問い合わせ
大成建設株式会社
e-mail : mail address
URL : http://www.taisei.co.jp/giken/topics/1353301853006.html
機関

民間企業