practices取り組み事例

  • Goal7

廃熱や体熱を利用した信頼性が高く役に立つ発電

概要

  NIMS, MANA の熱エネルギー変換材料グループは、熱電発電の初めての広範囲実用化に資する先端的な材料と科学技術の開発をしております。熱電は、信頼性高く温度差から発電するゼーベック効果を活用します。熱電の変換効率は従来低かったですが、グループは従来の限界に挑戦して、新規なナノ構造化の方法を開発して、希土類フリーの材料で、廃熱から電気への変換効率15%超に相当する特性を達成しました。磁性を熱電増強に活用する新原理などの開発も進めております。持続性を達成するために、デバイスの製造を飛躍的に安価にするための、新しい戦略にも取り組んでいます。コストがこれまでネックになっていたところもあり、こうした開発もこの技術が世界中に広がるために重要で、至るところに存在する未利用熱や体熱を活用した、多彩なフレキシブルやウエラブルな実用化の実現にもつながります。

お問い合わせ
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA), 物質・材料研究機構(NIMS)
e-mail : mail address
URL : http://www.nims.go.jp/mana/jp/
機関

教育研究機関