practices取り組み事例

  • Goal6

メソポーラス材料を使った水の浄化

概要

 汚染されていない水資源へのアクセスを確保することは、先進国、発展途上国を問わず、安全な生活を営む上で欠かせない重要な課題です。汚水に含まれるCd、CN、Cr、Hg、Pb、Asなどの有害金属イオンや揮発性有機化合物(VOC)を高効率で吸着することが可能なメソポーラス材料の研究開発を通じて、持続可能な水資源利用実現へ向けた研究を進めています。

プルシアンブルーの多孔質化とセシウム吸着

新しい多孔質カーボンと有害VOC吸着

お問い合わせ
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(WPI-MANA), 物質・材料研究機構(NIMS)
e-mail : mail address
URL : http://www.nims.go.jp/mana/jp/
機関

教育研究機関