practices取り組み事例

  • Goal3
  • Goal9

病気の理解と治療に向けた細胞膜の脂質生物学

概要

 京都大学 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)において、私たちは細胞膜タンパク質がどのように細胞膜の構成成分である脂質を制御しているのか研究しています。脂質は細胞膜を取り囲む構成要素として機能するだけでなく、死細胞の貪食、血液凝固因子の活性化、細胞の融合等、生体内の様々な局面においてシグナル分子として機能します。また、脂質を制御する遺伝子の変異はヒトにおいて病気を引き起こすことが知られています。私たちは脂質を制御する遺伝子を同定するためにスクリーニングをベースとした解析を行っています。そしてそこで同定された遺伝子を丁寧に解析することで、どのように病気が発症するのか、また病気をどのように治療できるのかを考えています。私たちは徹底した基礎研究を行い、そこで得た知見を医学に役立てようとしています。

お問い合わせ
京都大学 高等研究院 物質−細胞統合システム拠点(iCeMS)
URL : https://www.icems.kyoto-u.ac.jp/
e-mail : mail address (鈴木淳)
機関

教育研究機関