practices取り組み事例

  • Goal2
  • Goal3

世界の食料需給と栄養バランスの評価

概要

 サブサハラ地域では、4人に1人の人が飢餓に苦しんでいます。食べ物の量が足りないだけでなく、ビタミンやミネラルといった微量栄養素が不足する「隠れた飢餓」も深刻な問題です。

 国際農林水産業研究センター(JIRCAS)の「食料栄養バランス」プロジェクトでは、飢餓に苦しむ国や地域の栄養バランスを分析し、その不足を補う方法を明らかにします。さらに、農業技術開発や気候変動といった要因が、近未来の世界の栄養バランスにもたらす変化を解明します。

 JIRCASは世界の食料安全保障と栄養改善に役立つ農業研究と技術革新の効果的な戦略策定に寄与することを目指しています。

「食料栄養バランス」プロジェクトの概要

世界食料モデルを使った栄養所要量と供給の差の推定(鉄分の例)

お問い合わせ
国際農林水産業研究センター
URL : https://pursue.dc.affrc.go.jp/form/fm/jircas/syuzai
e-mail : mail address
Project website : https://www.jircas.go.jp/ja/program/program_d/d1
機関

教育研究機関

協力機関

TICAD:Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)

Reference: http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/index.html