practices取り組み事例

  • Goal2

東南アジアの天候インデックス保険

概要

 損保ジャパン日本興亜は、農業に対する気候関連リスクを低減するために、東南アジアで天候インデックス保険を提供しています。同社は、稲作農家の作物が干ばつによって損害を受けたときに農家が負担する損失を低減するために、2010年にタイ東北部で同保険を発売し、その後販売エリアを毎年拡大しています。2014年に農業生産者が台風で影響を受けた際、彼らが負担する損失を低減することを目的とした台風ガード保険をフィリピンのミンダナオ島で発売しました。中部乾燥帯での干ばつを原因とするミャンマーでの農業損失を低減できる商品やインドネシア向けの類似商品を含めて、同社は新たな保険商品の開発にも取り組んでいます。

お問い合わせ
SOMPOホールディングス株式会社 CSR室
e-mail : mail address
URL : http://www.sompo-hd.com/csr/
機関

民間企業