2022.03.27

3/27(日)鈴木PJ「人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築」総括シンポジウム開催

Category

JST/RISTEX「人と情報のエコシステム」研究開発領域
「人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築」総括シンポジウム

研究開発プロジェクト「人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築」(研究代表者:鈴木貴之)では、深層学習に代表される人工知能の進展をふまえて、人工知能の可能性と限界や望ましい社会実装のあり方を考えるための新たな理論的枠組みの構築に取り組んできました。この総括シンポジウムでは、プロジェクトの研究成果を報告するとともに、現在の人工知能研究を主導する研究者の方々に人工知能研究の現状について講演をしていただき、それらを手がかりとしながら、人工知能の現状をどう評価するか、現在の人工知能研究の課題は何か、人工知能社会実装において注意すべきことは何かといった問題を検討します。

開催概要

■日時:2022年3月27日(日)14:00-18:00
■会場:Zoomミーティングによるオンライン開催
■主催:JST-RISTEX「人と情報のエコシステム」(HITE)研究開発プロジェクト「人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築」(研究代表者:東京大学 鈴木貴之)

・事前登録をすればどなたでも無料でご参加いただけます。
・参加ご希望の方は、3月25日までに下記URLより参加登録をお願いいたします。登録いただいた方には、前日にミーティングURL等の情報をお送りいたします。
参加登録はこちらから

プログラム

前半(14:00~16:15):
鈴木貴之によるプロジェクトの成果報告(45分ほど)
講演(各30分ほど):
尾形哲也先生(早稲田大学)「身体知(Embodied Intelligence)とロボット知能ー人文社会科学との協働への期待ー」
谷口忠大先生(立命館大学)「記号創発ロボティクスと心の哲学~人工知能と人間による意味理解を問い直す~」
山田誠二先生(国立情報学研究所)「AIの現状・根本的課題とHAIによる現実的解決について」

後半(16:30~18:00):
講演者+松原仁先生(東京大学)、プロジェクトメンバーをパネリストとしたディスカッション(90分ほど)

お問い合わせ

鈴木貴之(tkykszk《at》g.ecc.u-tokyo.ac.jp)
※《at》を@に変更してください

関連リンク

鈴木PJ:人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築