2021.12.20

12/20(月)【オンライン開催】CCRC/KGRI2040/JST共催イベント「変容するメディア環境と民主主義の未来」

Category
image

共 催

慶應義塾大学 KGRI 2040独立自尊プロジェクト
慶應義塾大学 サイバー文明研究センター (CCRC)
国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST)

内容

SNSやウェブニュースなどのプラットフォームは、私たちの情報の発信や摂取を支える主要なメディアの一つとなりつつある。プラットフォームは、「アテンションエコノミー」と呼ばれるビジネスモデルを採用し、ユーザーの関心(アテンション)をひく情報が集中的に配信されるため、人々が自分とは異なる考え方に触れる機会が少なくなり、政治的な分極化(トライバリゼーション)が生じると指摘されている。本シンポジウムでは、新聞などの従来のメディアに比べ、SNSなどが民主主義の基盤となる言論環境にいかなる影響を与えているのかをラディカルに問う。民主主義は本当に可能なのか。民主主義の持続可能性のための処方箋はあるのか。民主主義に不可欠な対話ができなくなっている現在のメディア環境に危機感を抱くローレンス・レッシグ氏と気鋭の若手研究者・成田悠輔氏を招き、創造的な民主主義論を交わす。

開催概要

■日時:2021年12月20日(月) 21:00~23:00 JST (7:00-9:00 EST)
■場所:ZOOM ウェビナー
■参加費:無料
※定員に達したため、申込み受付を終了しました。
(ZOOM URLのご連絡は申し込み締め切り後に参加者に一斉送信する予定です。)
※同時通訳あリ

イベントポスター(PDF)はこちら

プログラム

■開会挨拶:伊藤公平(慶應義塾 塾長)
■講演ローレンス・レッシグ(ハーバード大学ロースクール 法学教授)
■講演成田悠輔(イエール大学 助教授)
■パネルディスカッション
※モデレータ:國領二郎 (慶應義塾大学総合政策学部 教授)/JST-RISTEX「人と情報のエコシステム」研究開発領域総括

― コメント:
クロサカタツヤ(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任准教授)
山本龍彦(慶應義塾大学大学院法務研究科 教授, KGRI 副所長)
中川裕志(特定国立研究開発法人理化学研究所, JST-RISTEX「人と情報のエコシステム」研究開発領域研究代表者)

― 総合討論

■閉会挨拶:デイビッド・ファーバー(慶應義塾大学CCRC共同センター長・教授)

(総合司会:河嶋春菜(慶應義塾大学KGRI 特任准教授))

本イベントに関するお問い合わせ

慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート
「2040独立自尊プロジェクト」事務局
e-mail: kgri-2040pj[at]adst.keio.ac.jp
発信の際は[at]を@に置き換えてください。