2021.11.03

11/3(水)~ HITE-Media presents「END展 死×テクノロジー×未来=?」開催

Category

END展 死×テクノロジー×未来=?
AI時代、死の定義が変わる!? これからの「死」をあなたに問う展覧会
―――11月3日(祝・水)より開催

photo

開催概要

■会期:2021年11月3日(祝・水)~11月14日(日)(12日間)
■開場時間:13:00~18:00(土日祝 11:00~19:00)
■会場:ANB Tokyo(港区六本木5-2-4) ※六本木駅から徒歩3分
■入場料:無料 ※事前予約制
■主催:HITE-Media
■共催:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
■詳細・申込方法HITE-Media ウェブサイト

この度、研究プロジェクト「HITE-Media」主催のもと、「死」からテクノロジーと社会の未来を問う展覧会「END展 死×テクノロジー×未来=?」を11月3日(祝・水)~11月14日(日)まで、アートコンプレックスビル・ANB Tokyo(東京・六本木)にて開催いたします。

日々のネットの検索や購買履歴、SNSの投稿からスマホの位置情報に至るまで、ネット上に蓄積するさまざまな個人データが、死後、どのように扱われるかを想像したことはあるでしょうか? いまやAIが亡くなった著名人の「新作」を発表したり、バーチャル空間で死者と擬似的に「再会」したりすることも可能な時代となりました。また家族形態や住む土地への帰属意識の変化によって、葬儀や墓など弔いのあり方も見直されるようになってきています。これからの死生観は、どのようなものとして人々のなかで受け止められていくのでしょうか。 本展覧会では、「死」をテーマとしたさまざまな問いを来場者に投げかけます。そして、一人ひとりが「死」の物語と向き合うヒントとして、描き下ろしの短編マンガ、HITE-Mediaが選び抜いたマンガ作品の1コマや、気鋭のアーティストたちの作品を展示し、「死」を切り口に、これからのテクノロジーや社会変化と人間の関係を参加者とともに考える場を創出します。

また、展覧会開催直前スペシャル企画として、学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校、S高等学校、N中等部との共同企画を実施します。中高生たちと「死」をテーマにディスカッションを行い、そこで生まれたさまざまなコメントを展示に取り入れる予定です。

出展作家

〔マンガ家〕
五十嵐大介/諸星大二郎/しりあがり寿/うめ(小沢高広・妹尾朝子)/ハミ山クリニカ+宮本道人
〔アーティスト〕
ノガミカツキ/たかくらかずき/Mikiko Kamada
〔マンガ・1コマ出典作品(予定)〕
岩明均『寄生獣』/士郎正宗『攻殻機動隊』/萩尾望都『トーマの心臓』/よしながふみ『大奥』/大島弓子『ダリアの帯』/星野之宣『ヤマタイカ』/五十嵐大介『海獣の子供』/板垣巴留『BEASTARS』/ヤマシタトモコ『違国日記』/山下和美『ランド』/市川春子『宝石の国』/遠藤浩輝『EDEN』/平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』/山田参助『あれよ星屑』/岡崎京子『リバーズ・エッジ』/鬼頭莫宏『ぼくらの』/ウチヤマユージ『よろこびのうた』、ほか

お問い合わせ

HITE-Media (ハイトメディア)
Mail:info[at]hite-media.jp

関連リンク

庄司PJ:人文社会科学の知を活用した、技術と社会の対話プラットフォームとメディアの構築