戦略的創造研究推進事業の目的

本事業は、国が定めた方針の下で戦略的な基礎研究を推進し、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的としています。

戦略的創造研究推進事業の概要

国の科学技術政策や社会的・経済的ニーズ等を踏まえて国(文部科学省)が設定する「戦略目標」の下に、推進すべき研究領域と研究領域の責任者である研究総括(プログラムオフィサー)をJSTが定めます。研究総括は、戦略目標の達成へ向けて、科学技術イノベーションを生み出す革新的技術のシーズの創出を目指した戦略的な基礎研究を推進します。
本事業全体の運営方針や制度改革の検討・立案は、研究主監(プログラムディレクター)が行います。本事業のうち、「CREST」(研究代表者が率いる研究チームにより研究課題を推進)、「さきがけ」および「ACT-X」(個人研究者が研究課題を推進)では、研究主監による事前評価に基づいて、JSTが研究領域と研究総括(プログラムオフィサー)を定めます。
研究総括は、研究領域を「ネットワーク型研究所」として運営します。具体的には、研究総括が研究所長の役割を果たして、既存組織や分野、産・学・官の枠を超えた最適な研究者・研究課題を編成して時限的な研究体制を構築し、領域アドバイザー等の協力を得ながら戦略目標の達成に向けて研究領域を運営します。CRESTの研究代表者およびさきがけ・ACT-Xの個人研究者は、研究総括の運営方針の下でその支援等を受けつつ、科学技術イノベーションへの展開を見据えて領域アドバイザー等との対話や参加研究者間の相互連携を行うとともに、国内外との連携によるネットワークを自ら積極的に形成・活用しながら、自らが立案した研究課題を推進します。

各事業の概要と特徴

各事業の特徴について、詳細は募集要項をご参照ください。
各事業の研究費・研究期間は原則として下記の通りですが、各研究領域の運営方針により異なる場合があります。

事業名 CREST さきがけ ACT-X
研究タイプ チーム型 個人型 個人型
研究費総額 1.5~5億円 3~4千万 数百万円を標準(加速フェーズ※1:研究費は領域ごとに設定)
研究期間 5.5年以内 3.5年以内 2年半以内(加速フェーズ※1:さらに1年以内)
詳細 募集要項第2章 募集要項第3章 募集要項第4章
備考 - - 2019年4月1日時点で博士の学位取得後8年未満(※2)の個人研究者を対象
事業名 CREST
研究タイプ チーム型
研究費総額 1.5~5億円
研究期間 5.5年以内
詳細 募集要項第2章
備考 -
事業名 さきがけ
研究タイプ 個人型
研究費総額 3~4千万
研究期間 3.5年以内
詳細 募集要項第3章
備考 -
事業名 ACT-X
研究タイプ 個人型
研究費総額 数百万円を標準(加速フェーズ※1:研究費は領域ごとに設定)
研究期間 2年半以内(加速フェーズ※1:さらに1年以内)
詳細 募集要項第4章
備考 2019年4月1日時点で博士の学位取得後8年未満(※2)の個人研究者を対象

※1 加速フェーズ
2年半がACT-Xの標準的な研究期間となりますが、採択者が希望する場合は、その後に加速フェーズと呼ばれる追加支援を1年間受けられる可能性があります。加速フェーズの支援を受けられる課題数、研究費は研究領域ごとに設定します。

※2
・博士の学位未取得の場合は、2019年4月1日時点で学士の学位取得後13年未満。
・学位を取得後に取得した産前・産後の休暇・育児休業の期間を除くと上記該当年数未満となる者を含みます。
・上記にかかわらず、学生の方は大学院生に限り応募が可能です。

文部科学省のAIPプロジェクト(人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト)における役割について

AIPプロジェクトは文部科学省において、世界最先端の人材を結集し、革新的な人工知能技術を中核として、ビッグデータ・IoT・サイバーセキュリティを統合した研究開発を行う拠点を理化学研究所に新設し、イノベーションを切り開く独創的な研究者等を支援する公募プログラムをJSTの戦略的創造研究推進事業の一部として推進します。
JSTでは、関係する研究領域群を「AIPネットワークラボ」と称して、今回の研究提案募集を実施するとともに、AIPプロジェクトの成果最大化に向けて関係研究機関と連携していきます。