Researcher+シンポジウム2022

文部科学省科学技術人材育成費補助事業「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」
Researcher+シンポジウム2022〜世界で活躍できる研究者育成プログラムの開発と普及〜 文部科学省科学技術人材育成費補助事業「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」
Researcher+シンポジウム2022〜世界で活躍できる研究者育成プログラムの開発と普及〜

開催概要

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は、令和元年度に文部科学省人材育成補助事業「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」の採択を受け、「世界で活躍できる研究者戦略育成事業」の実施機関(京都大学、広島大学、東北大学、名古屋大学、筑波大学)とともに世界トップクラスの研究者を育成するプログラム「Researcher+」の開発に取り組んでいます。「Researcher+」で開発される研究者育成プログラムを、我が国の大学・研究機関の間で共有し、広く活用いただくことを目指しています。

本シンポジウムでは、これまでに開発された各種プログラムの事例を紹介するとともに、各実施機関のプログラムに参加するフェロー研究者からのプログラムに対する期待や意見を共有し、我が国の若手研究者育成の環境の整備に活かしていきます。

開催日時

2022年12月16日(金) 13:30~17:00

開催形式

オンライン開催(Zoomウェビナー)

参加費

無料(事前登録制)

対象

研究者育成や研究支援に携わっている、もしくは、関心のある大学・研究機関・企業の関係者
研究者(研究キャリアや専門分野は問いません)
先着順で1,000名程度まで

主催

国立研究開発法人 科学技術振興機構

後援

文部科学省

JST「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」の取組概要

こちらのパンフレットをご参照ください。

参加お申し込み

下記サイトより事前にご登録ください。登録が完了しますと、ZoomウェビナーのURL等を記載した受付メールが自動送信されます。
申込サイト

プログラム

第1部
13:30~13:40 開会挨拶 国立研究開発法人 科学技術振興機構
文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課
13:40~14:05 基調講演 橋本 和仁(国立研究開発法人 科学技術振興機構 理事長)
14:05~14:30 研究者育成プログラム「Researcher+」の開発と普及について 安浦 寛人(JST「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」PD)
14:30~15:20 「世界で活躍できる研究者戦略育成事業」実施機関における取組紹介
広島大学HIRAKU-Global「地方協奏による世界トップクラスの研究者育成」
TENDEIRO, Jorge N. PM(広島大学 学術・社会連携室 教授)
京都大学L-INSIGHT「世界視力を備えた次世代トップ研究者育成プログラム」
赤松 明彦PM(京都大学 次世代研究創成ユニット長)
東北大学TI-FRIS「学際融合グローバル研究者育成東北イニシアティブ」
早瀬 敏幸PM(東北大学 学際科学フロンティア研究所長)
筑波大学TRiSTAR「大学x国研x企業連携によるトップランナー育成プログラム」
梅村 雅之PM(筑波大学 若手研究者育成支援室 室長)
名古屋大学T-GEx「世界的課題を解決する知の「開拓者」育成事業」
武田 宏子PM(名古屋大学 高等研究院 副院長)
休憩
第2部
15:35~16:05 支援を受ける実施機関フェロー研究者からの視点
新福 洋子(JST「研究+αの活動支援プログラム」採択者、広島大学 大学院医系科学研究科(保) 教授)
稲見 華恵(広島大学HIRAKU-Globalフェロー、広島大学 宇宙科学センター 助教)
磯部 昌憲(京都大学L-INSIGHTフェロー、京都大学 医学部付属病院/精神科神経科 助教)
郭 媛元 (東北大学TI-FRISフェロー、東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教)
松井 崇 (筑波大学TRiSTARフェロー、筑波大学 体育系 助教)
市原 大輔(名古屋大学T-GExフェロー、名古屋大学 工学研究科 助教)
16:05~16:55 パネルディスカッション「研究者が世界で活躍するには(仮)」 安浦 寛人PD x 実施機関フェロー研究者

MC:山口 陽子(JST「世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業」PO)
16:55~17:00 閉会挨拶 国立研究開発法人 科学技術振興機構
Researcher+シンポジウム2022告知リーフレットフライヤーはこちら

本件についてのお問い合わせ先

科学技術振興機構(JST)
科学技術イノベーション人材育成部
世界で活躍できる研究者育成プログラム総合支援事業 事務局
E-mail: メールアドレス

To top