ガンマカメラ(放射線測定装置)
区切り

Img027

ガンマカメラ(放射線測定装置)

メーカー名 :
  日立アロカメディカル(株)

製品の紹介(特徴など) :
 放射性物質が放射するガンマ線の線量を測定した結果と、カメラで撮影した映像を重ね合わせ、放射線量の高低を色分けして表示することで、目視で線量を確認できるようにした測定装置です。

 製品情報URL : 
 http://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/products-support/radiation/gammacamera/gammacamera/index.html


本成果の元となった開発課題

この課題の詳細はこちら Icon_pdf  (日本語版)放射線計測領域成果集より
開発課題名 半導体検出器を用いた環境測定用ガンマカメラの実用化開発
チームリーダー 茂呂 栄治(日立コンシューマエレクトロニクス(株) 部長)
参画機関 東京大学、(株)日立製作所
開発期間 平成24年〜24年度
開発概要 放射性元素による表面汚染密度をモニタリングする既開発のガンマ線カメラを多くの用途に使用できるようにするため、ガンマ線検出器となるCdTe検出器を2段化し、ピンホールコリメータを改良することで、カメラの高感度化を図るとともに、可搬性を考慮して開発します。本成果の実用化により、例えば1μSv/hの環境下で5μSv/hの表面線量をもたらすホットスポットを5mの距離から約5分で検出可能となり、家屋などにおける除染効果の迅速な確認・把握に用いることができます。



区切り 成果一覧へ戻る
Copyright ©2003-2017 Japan Science and Technology Agency All rights reserved.