JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第920号
科学技術振興機構報 第920号

平成24年10月15日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)
「開発成果の活用・普及促進」における
平成24年度新規課題の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の「開発成果の活用・普及促進」における平成24年度新規課題を決定しました。

本プログラムは、日本の将来の創造的・独創的な研究開発活動を支える基盤の強化を図るために、革新的な先端計測分析技術の要素技術や機器およびその周辺システムの開発を目的とするものです。「開発成果の活用・普及促進」は、本プログラムにおいて開発されたプロトタイプ機が社会において広く活用・普及されることを促進するため、外部研究者に対するプロトタイプ機の開放(共同利用)や高度化を推進するもので、平成23年度より実施しています(3年以内、年間800万円以内)。

今年度は、平成24年7月17日(火)から8月13日(月)の期間で本プログラム終了課題の中から公募を行い、18件の応募がありました。募集締め切り後、外部有識者による審査を実施し、7件の課題を決定しました。

今後は、装置の共用の準備が整い次第、順次研究者などに開放(共同利用)する予定です。その際には、JSTや各機関のホームページでご案内します。なお、事業の概要については、下記の事業ホームページを参照してください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/sentan/

<添付資料>

別紙1:研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)「開発成果の活用・普及促進」平成24年度新規課題 一覧

別紙2:先端計測分析技術・機器開発推進委員会(総合評価分科会)「開発成果の活用・普及促進ワーキンググループ」委員一覧

参考:研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)「開発成果の活用・普及促進」について

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 産学基礎基盤推進部 先端計測室
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
久保 亮(クボ アキラ)、加藤 真一(カトウ シンイチ)
Tel:03-3512-3529 Fax:03-5214-8496
E-mail: