[本文]

JST トップ > A-STEP機能検証フェーズ トップ > マッチングプランナー

マッチングプランナー

 マッチングプランナーは、地域における産学官ネットワークと連携しつつ、地域の企業を訪問し、相談を通して企業が直面している解決すべき技術的課題(企業ニーズ)を把握します。収集した企業ニーズの解決に繋がり得る大学等の研究成果、知的財産(大学シーズ)を、担当する地域に関わらず全国の大学等から探索することにより、企業ニーズの解決に最も適したマッチングを提案します。

 マッチングプランナーの専門分野に限定せず、これまでの経験を活かしつつ、幅広い技術分野の研究開発に対応いたします。今後も随時、体制を整備・強化していきますので、お気軽にご相談ください。

以下は、2018年4月時点のマッチングプランナー一覧です。担当のマッチングプランナーが退職した場合のご相談・お問い合わせは、代表メールアドレスmp[at]jst.go.jpまでご連絡ください([at]を@に変換してください)。

仙台オフィスのマッチングプランナー等
東北・北海道(仙台オフィス) お問い合わせ 地図
写真:佐藤 利雄 マッチングプランナー
佐藤 利雄(さとう としお)

企業から行政機関のコーディネータを15年ほど、大学のコーディネータ5年の経験を経てマッチングプランナーになりました。
企業では、開発から営業の経験をさせていただきました。また、コーディネータ20年間で約1万人との名刺交換をさせていただきました。これが、私の資源になります。

写真:伊藤 公裕 マッチングプランナー
伊藤 公裕(いとう きみひろ)

民間シンクタンクに勤めた後、13年間科学技術振興財団に勤務しました。様々な研究プロジェクトの立ち上げや事業化等のサポートを通じてネットワークのあり方や信頼関係の重要性を考えながら活動をしてきました。これからも産学官連携のつなぎ役として活動して参ります。

写真:米倉 淳 マッチングプランナー
米倉 淳(よねくら あつし)

電子部品会社で約30年、磁性材料の開発から事業化に至る業務並びに海外生産拠点の経営などを経験しました。その後、JST復興促進センター仙台事務所で3年、マッチングプランナーとして勤めております。これまでの企業及び仙台事務所での経験を生かし、地域の企業価値を高められる産学のマッチングが出来るように努めてまいります。

写真:磯江 準一 マッチングプランナー
磯江 準一(いそえ じゅんいち)

大学院修了後、産学官連携の世界に飛び込んでから10年が経過しました。前職ではJST復興促進センターにて、マッチングプランナーを4年間勤め、ご相談・申請から研究開発、開発終了後の展開まで幅広い支援活動に従事して参りました。これまでの経験を活かし、“企業ニーズ”に始まり、終始“企業ニーズ”に寄り添って、付加価値商品あるいは新商品を開発する取り組みの支援に努めて参ります。

東京オフィスのマッチングプランナー等
広域関東圏(東京オフィス) お問い合わせ 地図
写真:友田 和美 マッチングプランナー
友田 和美(ともだ かずみ)

大学・産総研で材料物性とシステム開発に携わり、その後、縁あって情報通信・ライフサイエンス分野を中心とした幅広い分野で研究開発推進から産業化まで携わってきました。産学官金連携に従事し11年、そのノウハウを生かし少しでもお役に立てればと思います。

写真:植木 千尋 マッチングプランナー
植木 千尋(うえき ちひろ)

企業で約30年、画像サーバー、OA機器、車載カメラ等のハード開発と、光学的文字認識(OCR)、個人認証(Biometrics)の認識・認証アルゴリズム開発を行なってきました。個人認証ではISO/IEC JTC 1 SC37、INSTAC等で標準化活動にも参画しました。これまでの経験を活かすとともに新たな分野にもチャレンジし、地域活性化に取り組んで参ります。

写真:二階堂 知己 マッチングプランナー
二階堂 知己(にかいどう ともき)

企業での研究開発と技術サポート対応を皮切りに、JSTでは技術移転事業のプロジェクト支援、地域産学官連携の活性化支援などを経験。さらに、大学出向時にはURAとして大学研究力の向上業務に関わり、大学特有の文化も吸収することができました。
産学官の現場でつちかった「人と技術をつなぐ」経験を今後共積極的に活かしていきたいと思います。

写真:高山 大 マッチングプランナー
高山 大(たかやま はじめ)

企業研究所で約20年間研究に従事したのち、JSTで産学連携プログラムの常勤プログラムオフィサーを2年間、大学での産学連携プロジェクトのマネジメントに7年間携わってきました。これまでの経験を活かし、産学官の良きつなぎ役として寄与できるよう尽力いたします。

写真:青柳 重夫 マッチングプランナー
青柳 重夫(あおやぎ しげお)

30年以上にわたり、生体成分の高感度分析法の構築、浄水・下水処理システム、電気化学計測器の研究開発業務に従事してまいりました。また、この間、大学の技術シーズに基づく大学等の研究者との産学連携・技術移転、製品化にも携わってきました。
大学等研究機関の技術シーズを把握するともに、企業現場から掘り起した技術的課題をマッチングする橋渡しのサポート業務に、上記経験を活かしたいと思います。

大阪オフィスのマッチングプランナー等
近畿・中部(大阪オフィス) お問い合わせ 地図
写真:松本 健 マッチングプランナー
松本 健(まつもと けん)

大学、企業での研究開発を経て、産学連携業務に携わりました。これまで北陸地域を中心に過去3年間で200社以上の企業訪問によるニーズ調査を行っており、これら企業ニーズの解決につながる最適なマッチングを提案し、地域の活性化にむけて邁進します。

写真:長岡 由起 マッチングプランナー
長岡 由起(ながおか ゆき)

電機系民間企業で、光ディスク記録再生装置用光ピックアップの設計開発に23年間携わりました。その後(一財)大阪科学技術センターの下部組織、中小企業の為の技術コンサルタント集団”ATAC”に6年間所属し、中小企業の技術的課題解決の支援に取り組みました。企業ニーズに応え、企業に利益をもたらすマッチング活動を行いたいと思います。

写真:平原 良広 マッチングプランナー
平原 良広(ひらはら よしひろ)

JSTの地域イノベーション創出総合支援事業という制度で約5年、産学連携に携わりました。マッチングプランナーとしてお役に立てるよう頑張りたいと思います。

写真:齋藤 聡 マッチングプランナー
齋藤 聡(さいとう さとし)

電機系企業で、研究開発、製造、経営企画に従事するとともに、大学との共同研究に携わってきました。日本のものづくりの栄枯盛衰を体験した経験を活かし、日本の優れた科学技術をベースに、産学官の共通の思いを具現化し、オール日本の復興をバックアップして参りたいと思います。

写真:森田 政宏 マッチングプランナー
森田 政宏(もりた まさひろ)

電機メーカーでITシステム、ユビキタス製品の開発・事業企画に従事しました。メーカー退職後、大学での産学連携コーディネーターを経験し、主にIoTシステム技術、機械学習分野の先生方と連携し、企業様との共同研究を支援してまいりました。研究者の先生方と企業様との連携を通して、地域の産業競争力強化に向けた取り組みに、少しでもお役に立てれば幸いです。地域の中核となる志を持った企業様・起業家の皆様、研究機関の皆様、お気軽にご相談ください。

岡山オフィスのマッチングプランナー等
中国・四国(岡山オフィス) お問い合わせ 地図
写真:小谷 章二 マッチングプランナー
小谷 章二(こだに しょうじ)

公設試験研究機関において産業技術に関する試験研究とその成果普及の推進を行うとともに、ものづくり分野における技術支援と人材育成を精力的に行ってきました。関係機関と連携しながら、これまで培ってきた経験と人的ネットワークをフルに活用して企業の技術課題解決と新産業創出に向けた取り組みを支援していきたいと思います。

写真:鈴木 貴明 マッチングプランナー
鈴木 貴明(すずき たかあき)

公設試験研究機関で約20年間にわたり化学・食品系の試験研究に従事した後、産学官連携に関与するようになり、大学やJST等のコーディネータとして四国地域での活動を行ってきました。今後は、これまでに培ってきた人脈と経験を生かし、地域の企業の発展に寄与するようマッチングを進めていきたいと思います。

写真:隅田 誠 マッチングプランナー
隅田 誠(すみだ まこと)

行政機関や大学で、産学官連携の推進とその実践に係る仕事に携わってきました。産学連携は、関係者の間で尊敬し合うwin-win関係の構築が大切です。関係機関と連携しながら、これまでの経験を生かし、地域企業の稼ぐ力につながる技術課題の解決、イノベーションの創出に向けた取り組み支援を行ってまいりたいと思います。

福岡オフィスのマッチングプランナー等
九州・沖縄(福岡オフィス) お問い合わせ 地図
写真:三島 淳一郎 マッチングプランナー
三島 淳一郎(みしま じゅんいちろう)

外資系装置メーカーでの製造、開発、品質保証といった一連の業務経験を活かしながら、国立高等専門学校機構(高専)及び財団での産学官連携コーディネーターとしての活動実績を元にネットワークを更に広げ、フットワーク軽く活動していきたいと思います。

写真:池谷 章 マッチングプランナー
池谷 章(いけたに あきら)

企業の研究所において、基礎研究から国際標準化(IEC61834/61883)、さらにはデジタルビデオカメラ(DVC)として世界初の商品化を推進するとともに、DVC用ソフトウェア等の新規事業を立ち上げました。退職後は大学において組織対応型産学官連携を責任者として推進しました。
今後は、ニーズとシーズ双方の「真剣な人」をつなぎ、イノベーションを興す一助になるべく努めて参ります。

写真:西ヶ野 政宏 マッチングプランナー
西ヶ野 政宏(さいがの まさひろ)

電機メーカーでは一貫して知財業務を、JSTでは大学知財の強化支援と文科省からの委託事業であるナノテクノロジープラットフォーム事業を、また、高専機構では産学官連携コーディネーターを担当させていただきました。
これらの経験とネットワークを最大限に活かしつつ、最適な”つなぎ”を提供できるよう努めていきたいと思います。

ページの先頭に戻る