【丸山 剛】光操作型-生体内不均一変異細胞誘導と変異細胞の挙動解明

さきがけ研究者

丸山 剛
丸山 剛

北海道大学
遺伝子病制御研究所
助教

研究概要

本研究では、オプトジェネティクスとCRISPR/Cas9システムを融合させることで、任意の時間・組織でモザイク状にがん変異細胞を誘導できる高精度Opt-CRISPRedマウスを開発します。これにより、超早期段階での変異細胞の動態を、世界で初めて生体内で観察します。上皮細胞層における変異細胞-排除機構を生体レベルで解明することで、がんの予防的治療のための革新技術の創出を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望