【角田 聡】新規酵素型ロドプシンを用いた視覚再生の挑戦

さきがけ研究者

角田 聡
角田 聡

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

フォスフォジエステラーゼ(PDE)は細胞内シグナル伝達物質であるサイクリックヌクレオチドを必要に応じて加水分解し、シグナル伝達調節を行う重要な酵素であり、創薬分野の重要なターゲットです。本研究ではフォスフォジエステラーゼ(PDE)の光制御を目指します。これによりシグナル伝達を高い時空間精度で制御する手法を確立します。それを応用し、高感度でより生理条件に近い視覚再生に向けた基盤技術形成に挑戦します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望