【井上 晴彦】土壌細菌による鉄欠乏植物を救出するメカニズムの分子基盤解明

さきがけ研究者

井上 晴彦
井上 晴彦

農業・食品産業技術総合研究機構
生物機能利用研究部門
主任研究員

研究概要

鉄は植物の生育に必須の元素である。鉄は土壌に豊富に存在するが、アルカリ土壌において、鉄は不溶体として存在するため、植物は鉄を利用することが出来ず生育不全に陥る。そこで、筆者は天然のアルカリ土壌に生息する細菌群に着目し、鉄欠乏条件下で植物の生育を著しく回復させる細菌の単離に成功した。本研究では、その有用細菌が鉄欠乏状態から植物を救出する分子機構を、遺伝学と分子生物学的手法を用いて明らかにする。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望