【萩原 伸也】植物ホルモン受容の可視化技術

さきがけ研究者

萩原 伸也
萩原 伸也

名古屋大学
大学院理学研究科物質理学専攻
准教授

研究概要

植物は周囲の状況を感知し、その情報を内外各所へ伝達することで、環境に適応します。この情報伝達で中心的な役割を果たすのが、植物ホルモンとその受容体です。本研究では、植物ホルモン受容体が働く様子を解析できる分子や、人工的に制御できる分子を開発し、植物の環境応答システムの解明と制御に挑みます。このように化学的視点から植物科学に取り組むことで、フィールドレベルで適応可能な革新的技術の開発をめざします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望