【水多 陽子】花粉管をベクターとした遺伝子改変技術の開発

さきがけ研究者

水多 陽子
水多 陽子
科学技術振興機構

さきがけ研究者

研究概要

本研究では、新しい遺伝子改変技術であるCRISPR/Cas9を効率的に花粉管に導入する技術の開発をおこないます。また、導入した花粉管を自在に操り人工受精させることで、遺伝子改変した個体を直接獲得することを目標とします。花粉管の構造は多くの被子植物に共通なことから、モデル植物に限らず食料作物を含む様々な植物に本研究の手法を展開し、従来の遺伝子組換え技術に頼らない遺伝子改変技術の確立を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望