【小林 正人】化学反応における多元系のシナジー効果の評価と触媒探索への応用

さきがけ研究者

小林 正人
小林 正人
北海道大学
大学院理学研究院
助教

研究概要

従来の貴金属触媒を代替するために、手に入れやすいものをいくつか組み合わせて機能を持たせた材料が様々提案されるようになってきました。これらの複合材料の中には、単に欠点を相互に補う「足し算的」な効果だけでなく、組み合わせることで初めて出現する「掛け算的」な効果(シナジー効果)を示すものがあります。このシナジー効果の由来を、計算化学と情報学を併用して詳らかにし、新しい触媒材料の提案を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望