【菊川 雄司】環状バナデートによる特異的な酸化剤の活性化

さきがけ研究者

菊川 雄司
菊川 雄司

金沢大学
理工研究域
テニュアトラック助教

研究概要

本研究では、分子レベルで金属酸化物の構造を制御し、構築される特異的な反応場を利用することで、メタンなどの選択的部分酸化反応の達成を目指します。金属が持つ、単核では利用することが難しい弱い性質を、環状に配列させ集積させることで、酸化剤を強力に活性化できる反応場を作り出し、利用していきます。特に、種々の触媒反応系に用いられるバナジウムに着目し、立体化学を駆使した反応系の開発を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望