【稲垣 怜史】電場印加触媒反応系中の半導体・絶縁体界面でのメタンの活性化とそれに続く化学品原料の選択合成

さきがけ研究者

稲垣 怜史
稲垣 怜史

横浜国立大学
大学院工学研究院
准教授

研究概要

本研究では,電場印加下でのメタンの酸化カップリング(OCM)および類似の反応に活性を示す,電気絶縁性の新たな多孔質固体触媒を探索し,その活性発現要因を検討します。これらの反応を実現するには,絶縁体の規則性多孔体と半導体粒子とのcore-shell型触媒の設計が鍵となると考えており,ケミカル処理だけでなく,メカノケミカル処理を適用することで革新的な触媒材料の創製を試みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望