【鎌田 慶吾】低級炭化水素の選択的酸化アップグレーディングを目指した金属酸化物触媒の創製

さきがけ研究者

鎌田 慶吾
鎌田 慶吾
東京工業大学
応用セラミックス研究所
准教授

研究概要

本研究では、選択酸化に有効な“複核金属ユニット”あるいは“異常原子価金属種”を構成元素とする金属酸化物材料の設計・創出を行い、分子状酸素の還元的活性化と活性酸素種の反応性制御に基づいた「メタン等の低級炭化水素の選択的酸化アップグレーディング」を目指した触媒反応系を構築します。計算・合成・計測が得意とする安定相の材料情報から高活性触媒(準安定相)の材料設計を可能にする方法論の提案を目標とします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望