【藤岡 淳】トポロジカル半金属における熱・スピン起電力の開拓

さきがけ研究者

藤岡 淳
藤岡 淳
東京大学
大学院工学系研究科
講師

研究概要

トポロジカル半金属(ディラック・ワイル半金属)において、物質開発や外場の制御によって固体中の相対論的電子(ディラック電子)の電子状態を制御する基盤技術を確立します。ディラック・ワイル電子が示す非従来型の熱・スピン起電力現象の観測を行い、熱起電力現象の新しい学理を構築することを目指します。このような取り組みを通して、熱電性能指数の向上に向けた物質設計指針を開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望