【小林 博樹】野生動物装着センサ用の時空間情報補正機構

さきがけ研究者

小林 博樹
小林 博樹
東京大学
空間情報科学研究センター
講師

研究概要

本研究では、社会的に貴重な情報である被爆地域等の野生動物群の生態調査において、人為的な労力を必要とせずに安全な調査を可能にするセンサネットワークシステムの実現を目指します。特にセンサネットワークの省電力化や長寿命化を生態行動学的に解決する新たなアプローチを、さらには標高1200mの情報・電源インフラ圏外の山岳森林にて、野生動物を用いた有効性実証実験を試みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望