【廣井 悠】多様な情報から未経験の災害現象を推測する次世代型被害予測技術の開発

さきがけ研究者

廣井 悠

廣井 悠

東京大学
大学院工学系研究科
准教授

研究概要

本研究では、過去の経験のみに基づいた従来のアプローチとは一線を画す被害予測手法を開発します。ここで提案する次世代型の被害予測シミュレーションは、多種多様なビックデータを数理工学的手法によって加工・解釈し、双方向型の被害予測シミュレーションへ要素技術化することで災害対応の効率化をにらむもので、このような情報基盤技術の構築により長く防災計画上の課題となり続けていた難題の解決に挑戦します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望