【青木 航】1細胞レベルで脳高次機能とニューラルネットワークの関係を網羅的に明らかにするリバースオプトジェネティクス

さきがけ研究者

青木 航
青木 航

京都大学
大学院農学研究科
助教

研究室ホームページ

研究概要

本研究のねらいは、研究対象となる脳の高次機能にとって重要なニューロン(群)を、1細胞レベルで網羅的に同定できる新しい方法論『リバースオプトジェネティクス』を確立することです。線虫C. elegansをモデルとして、「この高次機能に重要なニューロンを1細胞レベルで網羅的に同定したい」といった要求に確実に応えられる技術基盤を確立します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望