【加地 範匡】1細胞パルペーションデバイスの創製

さきがけ研究者

加地 範匡
加地 範匡

名古屋大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

細胞の硬さ・柔らかさといった機械的性質は、細胞を構成する分子的要素を統合した細胞全体としての表現型のひとつと考えることができます。本研究では、この細胞の表現型のひとつである細胞の変形能に着目し、マイクロデバイスを用いて細胞の変形能を1細胞レベルでハイスループットに評価できる1細胞診断技術の確立を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望