【加地 範匡】1細胞パルペーションデバイスの創製

さきがけ研究者

加地 範匡
加地 範匡

名古屋大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

細胞の硬さ・柔らかさといった機械的性質は、細胞を構成する分子的要素を統合した細胞全体としての表現型のひとつと考えることができます。本研究では、この細胞の表現型のひとつである細胞の変形能に着目し、マイクロデバイスを用いて細胞の変形能を1細胞レベルでハイスループットに評価できる1細胞診断技術の確立を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望